grape [グレイプ]

氷とウィスキーのコントラストが美しい『オン・ザ・ロック』 作り方は

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ウィスキーを氷で割って飲む『オン・ザ・ロック』

シンプルな飲みかたですが、ウィスキーそのものの風味や味わいを楽しむことができます。

『オン・ザ・ロック』のおいしさの秘訣は『氷』。バーなどの専門店では、よく丸氷が見られます。

この丸氷には、氷が酒に触れる表面積を少なくして、溶けるのを遅らせ、風味を長持ちさせる効果があるそうです。

店で提供されるような、『オン・ザ・ロック』を、自宅でも気軽に楽しみたい…そんな人にぴったりのアイテムをご紹介します!

グラスを冷凍庫に入れるだけで…

フロリダ発のドリンクアイテム・ブランド『CORKCICLE(コ−クシクル)』から登場した『WHISKEY WEDGE(ウィスキーウェッジ)』

付属のシリコンのフタをグラスの上にかぶせ、水を注いで、冷凍庫に4時間ほど置くと…。

グラスに直接、三角の氷ができました!

後は、氷の傾斜部分からゆっくりとウィスキーを注ぐと、氷とウィスキーの美しいコントラストができ上がります。

家飲みやおもてなしに

この氷は、自宅で作る一般的なキューブ型氷よりも表面積が少なく、氷がゆっくり溶けるので、酒がすぐに薄まらず、長く風味を楽しめます。

実際に使ってみると、ウィスキーの風味や香りが引き立ち、より深い味わいを感じることができました。

もちろんウィスキーだけでなく、梅酒や焼酎などでも楽しめますよ。見た目にもオシャレなので、おもてなしやお酒が好きな人へのギフトとしても、喜ばれそうですね!

『WHISKEY WEDGE』はgrape SHOPにてお取り扱いしています。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top