grape [グレイプ]

クロネコヤマトがパンを売る!? 意外な組み合わせに隠された感動の『想い』とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@swan_fukui

毎日丁寧に荷物を届けてくれるクロネコヤマトさん。実は宅急便だけでなく、クロネコヤマトのパン屋さんがあるのはご存知でしょうか?

その名も『スワンベーカリー』。ヤマトグループの『株式会社スワン』が運営する、パン製造、販売を行うお店です。

働いている店員さんの7割以上が障害のある方たち

実はスワンベーカリーで働いている方の7割以上が障害を持つ方たちです。

スワンベーカリー銀座店を第1号店として1998年6月にオープンし、現在直営店4店、チェーン店は24店をこえ、各地に広がっています。働いている障がい者の数は全店で370名をこえ、今なお増え続けています。

障害者の月収は14,190円!?

障害者の方が働く、障害者作業所というものがあります。障害のある人でも作業所オリジナル製品の販売、農業、喫茶や配食サービス、パソコンを使った製品やホームページの作成など、仕事ができる場所です。

働く場所があるのは良いことですが、障害を持つ方の賃金はとても低いです。平成24年度の発表の厚生労働省の資料(※)によると、全国の障害作業所のひと月の賃金の平均は14,190円だそうです。時給換算すると176円というから愕然とします。

障害者の方は非常に経済的に苦しい状況に置かれているのですね。

※ 厚生労働省 障害者の就労支援対策の状況より

なぜ『クロネコヤマトのパン屋さん』を名乗らないのか

14982_00

出典:@swan_fukui

スワンベーカリーは『障害のある人もない人も、共に働き、共に生きていく社会の実現』という理念を掲げています。

スワンベーカリーの名前の由来はアンデルセンの童話『みにくいアヒルの子」から取っているそうです。ご存知の方も多いとは思いますが、『みにくいアヒルの子」はみにくいと蔑まれていたアヒルの子が、実は美しい白鳥の子であったというお話。

障害を持つ方が低賃金で働いているのをなんとかしたい。

障害のある方が童話のような美しいスワン=白鳥のようになってほしい

そうしてクロネコではなくスワンがキャラクターとして選ばれたそうです。

パン屋さんの『アンデルセン』や『リトルマーメイド』を全国展開しているタカキベーカリーと協力し、高品質のパンを提供しているとのこと。お客さんからも大人気です!

本当においしそうです♪

クロネコのロゴのついたドーナツも!

残念ながらこちらのドーナツは一般販売されていないようです。どうすれば食べられるのか伺ったところ、クロネコメンバーズのポイントでもらえるとのこと。これはぜひ食べてみたいです!

信念を実現した、クロネコヤマトからスタートしたパン屋さん『スワンベーカリー』。

『ヤマト』の名前に頼らない、骨太なコンセプトには本当に感銘を受けました。これからもぜひ応援していきたいですね。

出典
@happyfantasy777@xttft418@Masa_R1216@swan_fukui@luacreme@happyfantasy777スワンベーカリー

Share Tweet LINE コメント

page
top