grape [グレイプ]

「車いすの人が着たい服を選べる世の中に…」17歳が目指すデザイナーへの道

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは、難病を抱えながら「車いす利用者でも、着やすい服をデザインしたい」という夢を持ち、デザイナーを目指す17歳のグッとストーリーです。

車いすの方々のためのファッションを考える 樋口夏美 さん

今年(2019年)3月9日・10日の2日間、福岡市内で一風変わったファッションショーが行われました。モデルは普段、車いすに乗っている人たちがメイン。デザインを手掛けたのも車いす利用者で、そのなかの1人が福岡県八女市に住む、樋口夏美さん・17歳。

「車いすに乗っていると、自分の着たい服が自由に着られなかったりするんです。車いすの人が着たい服を選べる世の中にしたいんです」と言う夏美さんは、小学校1年生の頃に、脊髄性筋萎縮症という病気を発症。

体のなかの動かせる部分がだんだん減っていく難病で、いまは手を肩の位置まで持って行くのが精一杯。鉛筆を持って字を書くのですらひと苦労で、小学生のとき、特に苦労したのが「漢字の書き取り」です。漢字をいくつも書く宿題が出ると、夏美さんは苦しみながら徹夜で仕上げなければなりませんでした。

自らも脊髄性筋萎縮症のため、車いすを使用

朝までに終わらないこともしばしばで、授業に付いていけなくなったこともあり、次第に学校から足が遠のいて行った夏美さん。「……私、ずっと“引きこもり”だったんです」

中学校に進学したものの、ほぼ不登校で過ごしていたある日、当時の担任だった女性教師が、夏美さんにこんな言葉をかけてくれました。「勉強はいつでもできる。生きていかんといかんけん、まずはやりたいことを見つけに来たら?」

出典
ニッポン放送「車いすの人が着たい服を選べる世の中に…」17歳が目指すデザイナーへの道

Share Tweet LINE コメント

page
top