grape [グレイプ]

好きな物が食べられる幸せ! 食物アレルギーに画期的な方法が発見される!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

東京大学大学院・村田幸久准教授のグループが、「PGD2(プロスタグランジンD2)」という物質に、アレルギーを抑制する力があることを発見しました。

乳幼児などに発症が多いとされる食物アレルギー。その治療法が、根本的に変わるかもしれません。

卵や小麦など食事に制限

食物アレルギーは、小麦や牛乳、鶏卵などアレルギーの原因となる食物を摂取することで、皮膚や粘膜などに不利益な症状があらわれます。そばやピーナッツなどでは、アナフィラキシーショックをおこし、命にかかわる危険性も

そのため、アレルギーとなる食物を摂取しない事が、治療法としては一般的です。しかし、患者の多くは子どもであるため、複数のアレルギーを持っている場合は、栄養面で体に悪影響を与えるとみられています。

14979_02

アレルギー物質を症状が出ない程度に少量与え、体に慣れさせるという治療法もあります。こちらは費用対効果が高いものとされているようですが、医師の管理が必要などリスクも高くなります。

今回発見された「PGD2」は、こういった治療法とは根本的に違うものとなります。

PGD2とは?

体内でアレルギー反応を引き起こす細胞の中には、PGD2という物質があります。

この物質がアレルギー反応を抑制する力があると、今回の研究で初めてわかりました

14979_03

PGD2を使うことで、体質を改善し、根本的に食物アレルギーを治療することができるとされています。

多くの食物アレルギーで困っている人々を救えるかもしれない、今回の研究結果。今まで原因物質のせいで、お菓子などを食べられなかった子どもたちにとって、嬉しいニュースとなりそうです。

食べたいものを気にすることなく食べられる。そんなアレルギーに縛られない幸せを多くの人に感じてもらいたいものですね。

出典
「食物アレルギー」抑える物質・・・東大グループが発見(15/07/10)

Share Tweet LINE コメント

page
top