grape [グレイプ]

山内惠介 「平成」の記憶に残るのは美空ひばり

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」(4月8日放送)に、演歌歌手の山内惠介が出演し、新元号発表の瞬間を振り返った。

4月1日に発表された新元号『令和』。発表の瞬間、家で中継を見ていたという山内は・・・

山内「トイレに行きたかったんですけど、発表があるから我慢していて、それでもなかなか始まらないから」

高田「そうだよね、予定より10分くらい後だったもんね」

山内「発表されてトイレに行って、気持ちよく仕事に行きました(笑)」

ちなみに『昭和』が終わる頃、山内は5歳。新元号『平成』が発表された瞬間は、あまり記憶に残っていないそうで・・・

山内「美空ひばりさんが亡くなられたときのことは、鮮明に覚えているんですよ。母親がテレビを観ながら泣いていて、『そんなに悲しいならテレビ消すよ』って言ったんです」

高田「その年またいで、手塚治虫さんも亡くなったんだよね」

山内「そうですよね」

高田「俺は美空ひばりさんの最後の東京ドームを観に行ったからね」

山内「うわ~凄い! どうでした?」

高田「あんなに歩けない状態だとは思わなかったから。横にベッドが置いてあったとか」

山内「命がけなんですもんね」

松本「先生はビートルズも観てますよ」

山内「ビートルズも!?」

高田「リンゴ・スターにダメ出ししたんだから。『ドラムはこうやんだぞ』って」

山内「ええ~~~~!」

高田のジョークに、良いリアクションを見せる山内だった。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送山内惠介 「平成」の記憶に残るのは美空ひばり

Share Tweet LINE コメント

page
top