grape [グレイプ]

荒川強啓 新人時代の安東弘樹に送った言葉とは?

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「安東弘樹DAYS」(4月18日放送)に、フリーアナウンサーの荒川強啓が出演し、安東弘樹とアナウンサートークを展開した。

「プロフェッショナルDAYS」と題して、その道のプロが連日登場した4月15日(月)~4月18日(木)のDAYS。18日(木)の「安東弘樹DAYS」には、ワイド番組の達人として荒川強啓が登場!

北海道・札幌の生まれの荒川。フリーアナウンサーに転向後、フジテレビの「おはよう!ナイスデイ」の司会に就任し、その後、TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」のパーソナリティとして、平成7年4月から先月3月末まで、通算24年、のべ6250回にわたり、平日の夕方の顔として活躍。まさにワイド番組の達人!

「私がニッポン放送の電波に乗るなんて感激ですね!」

と語る荒川。意外にもラジオではTBS以外に、これまで出演がなかったそう。

パーソナリティの安東弘樹は今から27年前、TBS入社2年目の時に、スポーツキャスターを務めていた先輩の代打で『荒川強啓デイ・キャッチ』に出演し、その際に初めて荒川と対面。ガチガチに緊張していた安東に、

「気楽にやればいいんだよ」

と声をかけた荒川。その言葉に救われた安東にとって、忘れられない瞬間。
安東から感謝を述べられた荒川は、

「あの当時、アナウンス部は縦社会が凄い厳しかったですからね。上の存在が強くて…確かに力があった人達がいるんですけど、それが物凄く厳しいしつけをするんですよ。それを見ていてね、人ごとではなくなって、ついつい余計なことを…。」

と当時を振り返ったまた、時々荒川が休みの時にピンチヒッターとして、『荒川強啓デイ・キャッチ』でパーソナリティを務めた安東は、そのお礼として荒川から皮の高級コインケースや商品券をもらっていたそう。「大人はこういう風にしなきゃいけない」と勉強になったことを安東が明かすと、

「それは気持ちですから」

と優しく荒川はお礼を述べた。

DAYS
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送荒川強啓 新人時代の安東弘樹に送った言葉とは?

Share Tweet LINE コメント

page
top