grape [グレイプ]

結婚式の記憶がない… 花嫁に向けて言った言葉は「もう一度、結婚しよう」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:people.com

心から愛する人が、事故に遭って大切な記憶をなくしてしまったら…あなたなら、どうしますか?

そんな、映画のような悲劇に直面した男性、ジェレミー・スタンパーさん。けれども今は、大きな幸せに包まれているそうですよ。

15016_00

出典:Facebook

2人の出会いと事故に遭うまで

初めての出会いは日曜学校で、ジェレミーさんが11歳、ジャスティスさんが10歳の時でした。

「完璧に、僕の一目惚れだったんだ。」

そう語るのは、ジェレミーさん。

通っている学校が違ったため、初めはそれ以上の進展はありませんでした。高校で同じ学校になり、2人の交際は始まったそうです。

そして2年間の婚約期間を経て、多くの人に祝福されながら…2014年8月1日、2人は結婚しました

しかし、8月20日。

車を運転していたジャスティスさんは、後ろから他の車に追突されて…ひどい怪我を負い、生死の境をさまようことに。

15016_02

出典:people.com

難しい手術でしたが、幸いにも一命を取り留めたジャスティスさん。事故の翌日、すぐに退院することが出来ました。

治療によって、身体的なダメージは回復へと向かっていきます。しかし…ジャスティスさんは、事故から前の5週間分の記憶を失ってしまったのです!

しばらく様子見をしていたものの、記憶は完璧には戻らず、後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)による記憶障害と診断されました。

「ジェレミー、怒らないでね…」

治療により、元気になったかのように見えたジャスティスさん。けれども事故から1か月後…

「ジェレミー、怒らないで聞いて欲しいんだけどね…私、結婚式の記憶がないの。」

写真もビデオも残っていて、そこに写っているいるのは確かに自分自身。けれど…人生で一番の幸せに輝いているはずの時間なのに、何も覚えていない。何度見ても、まるで誰か知り合いの結婚式を見ているような気がする。そう打ち明けたジャスティスさん。

その話を聞いたジェレミーさんは、初めはショックを受けていましたが、すぐに彼女にこう言いました。

「じゃあ…もう一度、結婚式をしよう。」

本当に自然に、この言葉が出てきたというジェレミーさん。2人の”最初の結婚記念日”になるはずだった、2015年8月1日に「結婚式をやり直そう!」と、約束したそうです。

「彼の言葉を聞いた時は驚きました。でも、今は楽しみでたまらないんです。バージンロードを歩いて行く私を見る、ジェレミーの顔…それが見たくて。その瞬間が一番、記憶に焼き付けておきたいことなの!」

ジャスティスさんも、嬉しそうに話します。

アメリカ中から祝福の思いが届いた

1度目の結婚式を、アメリカのハングリーマザー州立公園で挙げた2人。2度目の結婚式も同じ場所で行うことを予定しています。

しかし、結婚式を挙げるには、先立つものが必要です。

ジェレミーさんは、彼女に内緒でクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で結婚式の寄付金を募集。目標金額5000ドルに対して、なんと9800ドルを超える寄付金が集まりました!

1度目は、自分たちの家族や友人たち総勢75名での結婚式だったそうですが、今回は助けてくれた人々を招待するつもりだというジェレミーさん。賑やかで、心温まる結婚式になりそうですね。

これからも2人で支えあって、末長く幸せにお過ごしください!

出典
Husband Plans Second Wedding for Wife Who Lost Memory in Car Crash: 'She Deserves Everything and More'Husband Plans Second Wedding for Wife Who Lost Memory in Car Crash: 'She Deserves Everything and More'Justice Stamper FacebookJustice Stamper FacebookJeremy Stamper FacebookJeremy Stamper Facebook

Share Tweet LINE コメント

page
top