grape [グレイプ]

青山繁晴 独立総合研究所の原点は「Z団」

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(4月21日放送)に、参議院議員の青山繁晴が出演。子供の頃について語った。

淵澤)まず、お二人のご関係は?

自見)平成28年の夏、参議院選挙に当選した同期生です。

青山)まだ一回生の同級生。

淵澤)簡単に青山さんのプロフィールをご紹介します。青山繁晴さん、1952年、神戸市のお生まれ。共同通信、三菱総研を経て日本初の独立系シンクタンク「独立総合研究所」の社長に。そして2016年、独立総合研究所の社長を退任され、参議院選挙に当選。主な著作に『ぼくらの死生観』『壊れた地球儀の直し方』、純文学の『平成紀』などがあり、いずれもベストセラー。また3月28日、飛鳥新社より最新刊『ぼくらの哲学2 不安ノ解体』が発売されました。

自見)この番組は、毎回ゲストの方に子供の頃のお話を伺っています。青山さんは子供の頃、どのようなお子さんでしたか?

青山)僕は古い家の3人兄弟の末っ子でした。記憶にないくらいの頃から、親にいつも「お兄ちゃんは後を継ぐ。お姉ちゃんは親が決めた人と結婚する。お前だけは何もない、1人で生きて行け」と。

自見)厳しい!

青山)そう言われていたので、何でも自分でやらなければならないと思い込んで育ちました。

自見)子供の頃、「Z団」というものを作ってお母さまに怒られたそうですね。怖いお母さまだったのですか?

青山)厳しい。でも、どんなお母さんもそうだと思うけれど、愛情は海より深い。武家出身で背筋の伸びたお袋と、鷹揚な親父という家庭教育が僕を育てた。
「Z団」というのは、戦国時代にご先祖様が使っていた古い刀が蔵のなかにあって、それを中庭で振り回していて。桜の木も、紅葉の木も、みんな枝がなくなってしまった。それで厳しいお袋だから、どれだけ怒られるかと思ったら「お前、そこに座りなさい。お前は人のためならいつでも刀を抜け。自分のためには決して抜くな。終わり」と言ったのです。

淵澤)かっこいい。

青山)そういう風に聞いて育ったから、小学校の半ばぐらいに近所の悪ガキを集めて「Z団」を作ったのです。人助けをするのだと。本当は、はためく旗を作りたかったけれど、小学校の3年~4年だから作れなくて。画用紙に「Z」と書いて、家にたまたま国旗掲揚台があったので揚げていたら、近所の人から「青山さんの家は新興宗教をはじめた」と。それでお袋から解散を命じられました。
子供心に集団でいるのがよくないのかと思って、今度は1人で「なんでも相談所」を開きました。門柱のところに「なんでも相談室、こちらです」と書いて、矢印も書いたので、門から入ると子供部屋まで来られるようにしました。するとお袋が「あんた、こんなことをやったら知らない人がいっぱい入って来るじゃないか」と。実際、いっぱい入って来て。
でも「独立総合研究所」を作ったときに、お袋が「これはZ団だな」と。シンクタンクなので、よろず相談所みたいなものです。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送青山繁晴 独立総合研究所の原点は「Z団」

Share Tweet LINE コメント

page
top