grape [グレイプ]

娘を叱ったら「だいきらい」の手紙 その後の展開にフフッてなった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

子どもが悪いことをした場合、注意して正してあげることが親の責任です。

しかし、子どもは善悪の判断力がまだ低く、親から叱られて不機嫌になってしまう場合もあることでしょう。

おもち(@mochi_n_sea)さんも、5歳の娘さんを叱ったところ「だいきらい」と書かれた手紙を受け取ってしまったといいます。

しかし、おもちさんは怒られた理由を娘さんに理解してもらおうとはしませんでした。

それどころか、娘さんがひらがなを間違えずに手紙を書いていることに感動。「娘ちゃんが書いたの!?すごい!上手だ!」と褒めちぎります。

そして、その後の娘さんの行動も、おもちさんは紹介しています。

娘はおもむろに文を塗り潰し、「きらい」を「すき」に書き換えた。

誰だって褒められたら嬉しいもの。しかし、こんなにも鮮やかに態度が変わるとは…!

素直な娘さんのエピソードに、「可愛すぎる」「微笑ましい」と多くの人が笑顔になった様子です。

成長するにつれて、叱られるようなことは減っていくことでしょう。しかし、親に感謝を伝える機会は、もっと増えていってくれたら嬉しいですよね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@mochi_n_sea

Share Tweet LINE コメント

page
top