grape [グレイプ]

多岐川舞子、オススメの日帰り京都旅行はココ!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜の朝5時30分から放送!)。司会は中山秀征さん! アシスタントは石川みゆきさんです。ケーブルテレビの「J:COM」でもご覧いただけます。放送日時など詳しくは、J:COMのホームページでご確認ください。

5/5(日)のゲストは、大月みやこさん、多岐川舞子さん、門松みゆきさんです。

2年半ぶりに出演された多岐川舞子さん。休養期間に憧れのイタリア旅行をされてリフレッシュしたそうです。オープニングに渚ゆう子さんのヒット曲「京都慕情」を、そしてデビュー30周年記念曲「京都ふたたび」で澄んだ歌声を披露していただきました。

多岐川舞子さんは京都府出身です。「朝一番の新幹線を利用して、オススメの日帰り京都旅行はありますか?」の質問メールに、「京都駅からJR嵯峨野線で亀岡駅へ。ここから保津川下りがオススメです。帰りは嵐山で、名物の湯豆腐を食べてから京都駅へ。1日だけでも、ゆっくりと楽しめるオススメのコースですよ」。

初登場の門松みゆきさんは、作曲家で歌手の藤竜之介さんに師事し、16歳のときから10年の内弟子修行を経て、2月27日に「みちのく望郷歌」でデビューしました。10年間修行したこともあり、歌唱力は抜群! 伸びのある声で八代亜紀さんの「おんな港町」も披露しました。

昭和58年の大ヒット曲「女の港」は、作詞が星野哲郎さん、作曲が船村徹さん。「最初、タイトルが『通い妻』だったんです。当時、私はまだ子供だったので(笑)、星野先生に、他のタイトルをお願いしたら、『港の通い妻』はどうだと(笑)。そこでレコード会社のスタッフでいろいろ考えて、『女の港』を提案したら、お、いいね! と言ってくださったんです。でも歌詞のなかに「わたしは港の通い妻〜」とあったんです(笑)。先生が好きなフレーズなんでしょうね」。新曲「せめてもう一度」(4/24発売)はデビュー55周年記念シングル第三弾です。けなげで可愛らしい女性の気持ちを歌っています。

<<大月みやこさん情報>>
・6/5(水)、中野サンプラザホール、「大月みやこコンサート2019」を開催。スペシャルゲストは布施明さんです。
・3枚組アルバム『55周年記念 究極盤 スペシャルベスト』も好評発売中。

○大月みやこさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://www.otsukimiyako.com

<<多岐川舞子さん情報>>
・5/15(水)、古賀政男音楽博物館けやきホール、「コロムビアマンスリー歌謡ライブ」に出演。
・5/25(土)、日本コロムビア本社、「多岐川舞子ファンミーティング」を開催。
・そして、秋には「ディナーショー」を予定。

○多岐川舞子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://columbia.jp/artist-info/maiko/

<<門松みゆきさん情報>>
・5/16(木)、代々木けやきホール、「第1回ザ・令和ライブ」に出演。
・6/7(金)、福岡市民会館大ホール、「博多演歌まつり」に出演。

○門松みゆきさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.top-color.jp/?page_id=8060

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 5:30-6:00

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送多岐川舞子、オススメの日帰り京都旅行はココ!

Share Tweet LINE コメント

page
top