grape [グレイプ]

常連だったうどん店が高齢のため閉店 すると、店主が客に驚きの提案を

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

「うどんの本場」と言えば、やはり関西。その関西のうどんを研究して、東京でお店を開き、都内屈指の名店にしたご主人が高齢のためお店をたたむことに……。それを聞いて「自分が継ぎます!」と、ある若い常連客が手を挙げました。きょうは、一から修行を積み、のれん継承を許された男性のグッとストーリーをご紹介します。

うどんの名店「花坊」店内

東京・世田谷区……小田急線沿線の街・経堂。駅を降りて、東京農業大学に向かう農大通り商店街を進み、最初の路地を左に曲がるとすぐ「手作りうどん」の看板が見えます。

この場所に開店して、今年で22年目になるのが関西うどんの名店「花坊(はなぼう)」。先代のご主人で、創業者の正田辰夫さんはかつて関西に住み、比叡山のお寺で修行した異色の経歴の持ち主。関西でうどんの研究を重ね、58歳のとき経堂に店を構えました。

「花坊」という店名は、比叡山の僧侶から授かったものです。澄んだうどんつゆは、上質のかつお節など何種類もの素材を重ね、うまみがたっぷり。さらに店内でご主人自ら打つうどんは、コシがあり、ツルツルとのどごしも最高。うどん好きの間で評判になり、たちまち人気店になりました。

ところがおととし、80歳手前になった正田さんは「毎日うどんを打つのは体力的に限界」と、お店をたたむことを決意。その話を聞いてショックを受けたのが、何度も通っていた常連客の1人、山城裕輔さん・37歳です。

「花坊」2代目店主・山城裕輔さん

「仕事が終わると『花坊』に寄って、天ぷらを肴に日本酒を飲みながら、最後はうどんで〆めるのが至福のひとときだったんです。それがなくなってしまうなんて……」

山城さんは、もともとアパレルの会社に勤めていましたが、「いつかお店をやってみたい」と一念発起。会社を辞めて、和食系の居酒屋で5年、さらに天ぷらの名店で3年働き、修業を積んでいました。その頃、経堂に住み始めた山城さん。たまたま見つけた「花坊」のうどんと美味しい天ぷら、お店の雰囲気も気に入り、足繁く通うようになったのです。

「花坊うどん」と野菜天ぷら

ご主人・正田さんも、山城さんの飲みっぷりの良さと人柄が気に入って、お客さんが引けた後、独立を目指す山城さんの相談に乗ってくれるようになりました。それだけに正田さんが店をたたむと聞かされ、大きなショックを受けた山城さんでしたが、ある日、正田さんから突然こんな提案を受けました。

「山城くん、店をやるんだったらどうだろう……ここで、うどん屋をやってみないか?」

出典
ニッポン放送常連客から22年続くうどん屋店主に! 一から修行した男性の決意

Share Tweet LINE コメント

page
top