grape [グレイプ]

昭和の改元に起きた“世紀の大誤報”とは?

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

大正15年・1926年12月25日、大正天皇が崩御されました。それに伴い『昭和』がスタートしましたので、『昭和元年』は実質7日間ということになります。
『昭和』という元号には“国民の平和と、世界の共存と繁栄を願う思い”が込められています。

大正天皇が崩御されてから数時間後、『東京日日新聞』、現在の『毎日新聞』が号外で『新元号は“光文(こうぶん)”』と報じました。ところがその後、政府から発表された新元号は『光文』ではなく『昭和』でした。
こうして本来ならば“世紀のスクープ”だったはずが、一転して“世紀の大誤報”となってしまいました。

どうして、こんなことが起きてしまったのでしょうか? 2つの説があるそうです。
1つは“記者の方が間違った情報を仕入れてしまった”という説。もう1つは、“本当は『光文』で決まっていたのに、事前に発表されてしまったので『昭和』に差し替えた”という説です。
どちらの説が本当なのか? いまとなっては分からないそうです。

そんな『東京日日新聞』、現在の『毎日新聞』ですが、元号が『昭和』から『平成』に改められるときも事前に情報をつかんでいたそうですが、『光文』の件があったので号外は出さなかったそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

毎週月~金曜日 朝7:37~ AM1242 FM93 ニッポン放送ほか全国ネット『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送中。
鈴木杏樹のいってらっしゃい 公式サイト

出典
ニッポン放送昭和の改元に起きた“世紀の大誤報”とは?

Share Tweet LINE コメント

page
top