grape [グレイプ]

イランの核合意~アメリカとイランどちらが正しいのか

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月10日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。イランの核合意について解説した。

イランのロウハニ大統領が核合意に基づく義務履行の一部停止を発表

イランのロウハニ大統領は5月8日、2015年の核合意に基づく義務の履行を一部停止すると発表した。また、合意に参加した国がアメリカの制裁からイランを守らなければ更なる措置を取るとも警告している。この核合意とはどんなものか、簡単に説明すると核開発疑惑を掛けられたイランとアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、ロシアの6ヵ国が2015年7月に結んだ多国間の合意のことを言う。イランは核開発を大幅に制限する代わりに、金融制裁や原油取引の制限などの制裁を解除された。しかし、制限付きでもイランの核能力は維持されたため、トランプ大統領が致命的な欠陥があると非難し、2018年5月8日にアメリカは核合意から離脱している。

飯田)メールもいろいろいただいているのですが、富士宮市の“ねこせんむ”さん、56歳の方。「私の認識なのですが、車で激走しているのを自転車で走るスピードに落すけれども止まったわけではないという合意で、トランプさんは止まっていないなら合意の意味が無いから離脱だということなのだろうと思っているのですが、いかがでしょうか」。

イラン、アメリカそれぞれの言い分

宮家)その通りなのですけれど、更に言うとこれは自転車に乗り換えるのではなく普通の車なのですよ。5キロくらいで走るから許してくださいというけど、車は車のままなのです。だから大幅に制限と書いてあるけれど、実際はそうではない。問題は何かと言うと、例えば核兵器を作るのに絶対に必要なウランであれば濃縮活動ですよね。これをやめていないのですよ。確かに制限はあるけれど、8年~15年くらいしたらもう自由になってしまう。だから8年~15年は5キロで走っているけれど、その後はまた100キロで行きますと言えないこともないくらい穴があいているわけです。当時2015年に強硬に反対していたイランを何とか説き伏せたオバマ政権にはそれなりの苦労があったことは分かるのです。分かるのだけれど、私自身はこれを非常に大きな問題のある、比較的欠陥の多い合意だと思っています。その意味ではめずらしくトランプさんと意見が合うのだけれども、でも1回合意した以上は途中で抜けたらダメですよ。しかしアメリカは抜けてしまったわけですよね。でも、よく考えて下さい。イランからしたら北朝鮮だって核開発をやっているではないか、しかも北朝鮮なんてイランよりも小さな弱い国なのに、核兵器を持っているからアメリカと対等にやっているではないかと。そういう考えの人がイランに居ないはずは無いのですよ。もちろん少数派だとは思うけれど。そうしたらどうなるかと言うと、イランの強硬派がいずれ頭をもたげて来る。昔いましたね、変な大統領が。

飯田)前の大統領。

宮家)そういう時代がありました。あのときはワシントンにも強硬派がいて、イスラエルにも強硬派がいて、そしてイランにも強硬派がいて、みんな強硬派同士で「あいつらはアホだから」、と自分の行為を正当化することができた。皆共通の利益があったのです。

飯田)奇妙なことに、対立しているのだけれど利益は共通。

宮家)「テヘランにこんなアホがいるから、こんな強硬なことが必要なのですよ」と皆言えるのです。

飯田)イスラエルもアメリカも。

宮家)ええ。それが私に言わせれば奇妙な共犯関係なのですが、それに戻ったら大変なのです。だからそういう意味ではイランがもう少し自制してくれると良いのだけれど、本当にできますかね。合意からの撤退ではないと言っているかもしれないですけれど、徐々に濃縮を再開して行けば、いずれどこかで元に戻ってしまうかもしれない。TPPの場合には、アメリカが抜けたけれど日本が上手く中心になって残りの国々を固めましたよね。しかし、イランの核合意は、アメリカが抜けてイランとアメリカが喧嘩になったらそれはもうもちません。ヨーロッパがどんなに頑張ったって、ロシアと中国が頑張ったって。と言うことは、イランにとっては辛い時期ですね。

真面目な悪であるイラン

飯田)専門家の方々、新聞などでいろいろコメントを出していますけれども、そのなかでIAEAの査察を追放していないし、これを拒んでもいないからある程度の出口は作っているのだという指摘がありますが。

宮家)それはその通りです。北朝鮮に比べたら、イランの方が遥かに真面目な悪ですね。不真面目な悪と真面目な悪がいて、イランは真面目にやっている方だから上手くいけばその悪事を抑えられるのだけれど、さあどうでしょうか。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送イランの核合意~アメリカとイランどちらが正しいのか

Share Tweet LINE コメント

page
top