grape [グレイプ]

バナナ姫ルナ 引退会見でカミングアウトした内容とは?

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「週刊!なるほど!ニッポン」(5月5日放送)では、『北九州市のPRキャラクター「バナナ姫ルナ」は、市の職員?そして、3人の子供を育てるお母さん!?の巻』というトピックスを紹介した。

九州、福岡県北九州市のPRキャラクター『バナナ姫ルナ』はご存じでしょうか?

北九州でバナナ?って思うでしょ?実は、門司港がバナナのたたき売り発祥の地なのですって。

そこで2016年に誕生したのが「バナナ姫ルナ」。北九州市観光課の職員がコスプレしてPR。コレが話題になりまして、「バナナ姫ルナが案内する観光ツアー」大人気になったのですって!しかし、2018年3月末に「バナナ姫ルナ」は引退… かと思いきや、その半年後に復活!

どういうこと?

では、そんな「バナナ姫ルナ」の中の人、北九州市職員の井上純子さんにお話しを伺います。

晴の輔 「原点は市の職員さんですからね。でも2018年に一度引退されているのですか?」

井上「そうなのですね。昨年の3月末で実は引退させていただいておりまして、WEBニュースで調べると、引退とか『普通の公務員に戻ります』と発言したみたいなニュースになっている…(笑)『普通の公務員』って何だ?という感じですけど(笑)引退会見はさせていただきました」

晴の輔 「その後、復活された?」

井上「ホントにもうお騒がせなのですが、『そもそもこの引退』は何だったのか?やはり私は市の職員ということで、定期的な2~3年での異動はしていきますので、ちょうどいいタイミングということで、誰かに引き継ぐこともなく、私が引退してただ『バナナ姫』が消えたということです。」

晴の輔 「そうか…それだけ盛り上がっているので、引き継がないともったいないですよね」

井上「2代目が現れるという期待も上がる中で、結局は無くて、初代の私としては凄く後悔が残りまして、『やはりバトンを渡さないとだめだろう』という声も聞くようになりまして、それだったら私が復活して、二代目にバトンを渡すべきだろうという思いになり、市の取り組みというより個人、井上純子の個人の活動として始めるべきではないかと」

晴の輔 「バナナ姫ルナとして活動していて、苦労したことはあります?」

井上「やはり私が子どもが3人いるママなので、子育てとの両立というところは大きかったです。以前、市で活動している時は、キャラクターのイメージを守るために、ママということを伏せて活動してまして」

晴の輔 「ホントのアイドルみたいだったのですね」

井上「最後の引退会見で、カミングアウトするというワケわかんない展開になって」

晴の輔 (笑)

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送バナナ姫ルナ 引退会見でカミングアウトした内容とは?

Share Tweet LINE コメント

page
top