grape [グレイプ]

長澤まさみ × 東出昌大 ×小日向文世、あのトリオがスクリーンに!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第618回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、5月17日公開の『コンフィデンスマンJP』を掘り起こします。

騙し騙され史上最大のコンゲームの幕が開ける!

2018年4月期に放映された月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。一見 、平凡でひとが良さそうな3人の信用詐欺師達(=コンフィデンスマン)が、金融業界、不動産業界、芸能界など華やかな世界を舞台に、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る痛快エンターテインメントコメディーが、ついに映画化となりました。

劇場版は、<ロマンス編>。香港を舞台に、史上最大のターゲットを巡って壮大なゲームが繰り広げられます。

華麗に大胆に悪人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン、ダー子、ボクちゃん、リチャード。彼らの次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝、ラン・リウ。その冷酷さから“氷姫”の異名を持つ彼女の元にある “伝説のパープルダイヤ”を狙って、一行は香港へ。

ランに取り入ろうとあの手この手をほどこすが、なかなかエサに食いつかないランに大苦戦するダー子たち。そんななか、天才詐欺師のジェシーが現れ、同じくランを狙っていることが判明。さらにダー子たちに恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、騙し騙され三つ巴の戦いが始まる…。

今作でもドラマでおなじみのメンバーが勢ぞろい。天才的な知能と抜群の集中力を持ち合わせながらも、どこかいい加減で憎めない主人公ダー子役に、長澤まさみ。小心者でいつもダー子に振り回されてばかりのボクちゃん役は、東出昌大。百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン・リチャード役は、小日向文世。そして腕利きだが狡猾で欲深い五十嵐役は、小手伸也。

彼らが仕掛けるド肝を抜くトリックの連続に注目です。

何が本当で、何が嘘か。目に見えるものが“真実”とは限らない。究極の<コンゲーム>(=騙し合い)に、あなたも翻弄されること間違いなし!

コンフィデンスマンJP
2019年5月17日(金)から全国東宝系にて公開
監督:田中亮
脚本:古沢良太
音楽:fox capture plan
主題歌:Official髭男dism「Pretender」(ポニーキャニオン/ラストラム・ミュージックエンタテインメント)
出演:長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、小日向文世 織田梨沙、瀧川英次、Michael Keida、前田敦子、佐津川愛美、岡田義徳、桜井ユキ、生瀬勝久、山口紗弥加、小池徹平、佐藤隆太、吉瀬美智子、石黒 賢、竹内結子、三浦春馬、江口洋介
©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会
公式サイト https://confidenceman-movie.com/

八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送長澤まさみ × 東出昌大 ×小日向文世、あのトリオがスクリーンに!

Share Tweet LINE コメント

page
top