grape [グレイプ]

世界地図に初めて緯度・経度を取り入れたプトレマイオス

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

紀元前4世紀、ギリシャの歴史家で神話学者のヘカタイオスが、ヨーロッパやアジア、アフリカ大陸を海が丸く囲んだ状態の地図を作りました。
ヘカタイオスは“地球は球体ではなく平面である!”と主張していました。大地は平面状で、その周りは水に取り囲まれている…という考えです。

その後、西暦150年頃、古代ローマの学者・プトレマイオスがそれまでの地理学を集大成して、世界地図を完成させました。プトレマイオスは“地球は丸い! 球体である!”と主張して、地図に緯度や経度を取り入れました。地図も球体状、扇形に描かれています。

この地図はとても画期的なものでしたが、描かれていたのは全世界の1/4程度だったので、世界の全ての様子を知ることはできませんでした。
またデータ的にも正確ではないものが多かったですが、それでもプトレマイオスの世界地図が、現在の地図の基礎を作り上げたのは間違いないそうです。

プトレマイオスの世界地図は残念ながら、1000年以上も歴史に埋もれてしまいましたが、15世紀~17世紀の『大航海時代』になって注目を浴びるようになりました。
そして、コロンブスやマゼランといった方々が、プトレマイオスの世界地図を頼りに、世界の海を航海するようになったとされています。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

毎週月~金曜日 朝7:37~ AM1242 FM93 ニッポン放送ほか全国ネット『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送中。
鈴木杏樹のいってらっしゃい 公式サイト

出典
ニッポン放送世界地図に初めて緯度・経度を取り入れたプトレマイオス

Share Tweet LINE コメント

page
top