grape [グレイプ]

「ねぇ、ママ。久しぶりの旅行だね」 思い切って出かけた老犬との旅行 その時聞こえてきた声は…

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【ペットと一緒に vol.146】by 臼井京音

老犬とウキウキしたい! 旅行で愛犬2頭と思い出作り

筆者は先日、14歳目前と10歳のノーリッチ・テリア2頭を連れて伊豆旅行をして来ました。以前の記事で紹介したとおり愛犬のグリーフケアについて知ったことがきっかけで、愛犬との思い出作りがしたかったのと、シニアドッグの気分転換になるとも考えたからです。

今回は旅行をとおして感じた筆者の心の変化を伝えます。

伊豆へ約3時間のドライブ旅行へ

筆者はこれまで、北は北海道から南は沖縄の宮古島、そして郊外の温泉宿まで、愛犬と毎年のように旅行をして来ました。けれども愛犬リンリンが10歳を超えて、靱帯部分断裂や歯周病菌が原因の鼻炎などになってからは、何となく自信がなくて愛犬連れの旅行をしていませんでした。

冬の沖縄旅行での愛犬リンリンとミィミィの元気なショット

ところが、2つのことがきっかけで愛犬との久々の旅行を決意しました。

1つは、1ヵ月ほど前に“グリーフケア セミナー”を聴講し、愛犬と筆者自身の生前からのグリーフケアが重要であると知ったこと。もう1つは、グリーフケアセミナーの数日後に13歳11ヵ月齢で血液検査をしたところ、ALPの数値が高く、獣医師から「少し気にされていたとおり、クッシング症候群が否定できませんね」と告げられたことです。

クッシング症候群かどうかは予約中の超音波検査の結果次第でまだ確定されていませんが、好奇心旺盛で旅行好きなリンリンのためにも、リンリンが元気なうちに生活に彩りをつけたいという気持ちが湧いて来ました。

血液検査をした動物病院帰りに、カフェにリンリンと立ち寄ってひと休み

偶然に舞い込んだ伊豆旅行の話

そんななか、PallyというWeb媒体の仕事で、犬と泊まれる温泉宿の取材が舞い込んで来ました。しかも、筆者の愛犬をモデルにしたいと言うのです。

そこで、耳もほとんど聞こえなくなってしまった老犬のリンリンがモデルとして成り立つかはともかく、10歳になったばかりのミィミィだけでなくリンリンも連れて伊豆に取材旅行へ。

出典
ニッポン放送老犬とウキウキしたい! 旅行で愛犬2頭と思い出作り

Share Tweet LINE コメント

page
top