grape [グレイプ]

横浜駅「初夏のかながわ味わい弁当」(960円)~神奈川の新緑を眺めて鉄道旅!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『1日1駅弁』 駅弁食べ歩き15年の放送作家・望月崇史が駅弁屋さんのウラ側、レストラン列車、スイーツ列車情報をご紹介します。

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

E217系電車・普通列車、横須賀線・北鎌倉~鎌倉間

新緑がまぶしい初夏の鎌倉。
遠足・修学旅行シーズンを迎え、鎌倉は平日でも子供・生徒たちの声が響き渡ります。
私も初めて鎌倉を訪れたのは、この時期に行われた小学校の修学旅行でしたが、あまりに駆け足で消化不良だったので、半月後に東海道線の普通列車で再訪した記憶があります。
やっぱり鎌倉は、鉄道を使って、のんびりぶらぶらと歩いて楽しむ街ですよね。

初夏のかながわ味わい弁当

鎌倉をはじめ、湘南・三浦・箱根・丹沢、初夏の神奈川はどこへ行っても気持ちがいいもの。
そんな神奈川の初夏の風景を思い浮かべていただく駅弁と言えば、横浜駅弁「崎陽軒」の「初夏のかながわ味わい弁当」(960円)です。
この「かながわ味わい弁当」シリーズ、以前は「春バージョン」をご紹介しましたが、4月16日からは、“初夏バージョン”が6月15日までの期間限定で販売されています。

初夏のかながわ味わい弁当

【おしながき】
・山菜ご飯
・白飯 小田原産梅干
・三崎産マグロの生姜煮
・三浦産芽ひじきと白滝とアスパラガスの炒め煮
・小田原蒲鉾
・昔ながらのシウマイ3個
・筍煮
・あさりつみれ煮
・人参煮
・蓮根煮
・玉子焼き
・きゅうりとみょうがのしば漬け
・宇治抹茶わらびもち

初夏のかながわ味わい弁当

「かながわ味わい弁当」は昔ながらのシウマイ、三崎産マグロ、三浦産芽ひじき、小田原蒲鉾・梅干しといったベースはそのままに、随所に旬の食材を取り入れているのが特徴です。
春からは、味付けご飯が筍から山菜へ、芽ひじきとの組み合わせがキャベツと油揚げからアスパラガスと白滝に変わった他、あさりのつみれ煮や抹茶わらび餅も登場。
1つの折で、旬と神奈川の食材をしっかり体感できる、とても嬉しい駅弁です。

185系電車・特急「踊り子」、東海道本線・根府川~早川間

海を眺めていただくもよし、みかん山を眺めていただくもよし、遠くに小さく見える富士山を眺めていただくもよし。
神奈川には、駅弁をいただくのにふさわしい風光明媚な景色があります。
海が恋しくなったら、山が恋しくなったら、温泉が恋しくなったら、駅弁片手にフラリと神奈川の鉄道旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送横浜駅「初夏のかながわ味わい弁当」(960円)~神奈川の新緑を眺めて鉄道旅!

Share Tweet LINE コメント

page
top