grape [グレイプ]

高田文夫 永六輔との思い出に浸る

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

高田文夫がパーソナリティを務めるニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」(4月30日放送)で、放送作家でタレントの故・永六輔がゲスト出演した回を振り返った。

1989年から放送が始まった、お昼のワイド番組「ラジオビバリー昼ズ」(毎週月~金曜日11時30分~13時)。番組では、平成とともに歩んできた30年間の歴史を振り返りながら、放送作家、作詞家、タレントなど、放送業界を牽引してきた永六輔がゲスト出演したときのエピソードを語った。

当時からラジオパーソナリティとしても活躍していた永六輔は、TBSラジオで自身の冠番組を持っていたため、出演は困難かと思われたが……

高田「あの頃はやっぱり暗黙のルールがあったんだけど、俺が永さんに頼んでさ、そしたらすぐにOK」

そして1994年、永六輔が「ラジオビバリー昼ズ」に念願の出演を果たしたという。

高田「永さんはいつも、おばさんみたいなカバンを持ってきているんだけど、放送が始まっても、足元にそのカバンを置いてるんだよ」

高田「『永さん、それ預かりますよ』って言ったら、『いつでも帰れるように』って」

松本「ええ?(笑)」

高田「しかも、放送が始まったらオンマイクで、放送禁止の言葉を叫ぶんだよ」

その時の2人のやり取りは……

永「言ってやった! 高田君も焦りましたか?」

高田「焦りませんよ。修羅場くぐってますから」

永「高田君はめげませんね」

永六輔の思わぬ行動に「永さんも大人げないよなぁ~」と言いながら、懐かしい思い出に浸る高田だった。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送高田文夫 永六輔との思い出に浸る

Share Tweet LINE コメント

page
top