grape [グレイプ]

「盲導犬はかわいそう」といわれた時、ボランティアが伝えた言葉とは

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【ペットと一緒に vol.148】by 臼井京音

育てた犬が盲導犬に! 再会や別れを思い出して胸が熱くなる

盲導犬になれなかった犬を迎えたのち、盲導犬の繁殖ボランティア宅で助産をしたり、盲導犬候補生の子犬と1年間過ごしたり……。今回は、まさにラブラドール・レトリーバーまみれと言っても過言ではない長い時間を過ごして来た聖子さんの、いまでも思い出すと胸が熱くなるというストーリーを紹介します。

まずはキャリアチェンジ犬を迎えて

「街で盲導犬を見ると、盲導犬候補生などと過ごした日々が思い出されてなつかしい気持ちでいっぱいになります」と、聖子さんは語ります。いまはマンションでフレンチ・ブルドッグのそらちゃんと暮らす聖子さんは、以前は盲導犬になれなかった“キャリアチェンジ犬”や、盲導犬候補生として生まれた子犬の世話をする繁殖ボランティアを手伝っていました。

繁殖ボランティアさん宅で

「もともとは親戚が盲導犬の繁殖ボランティアをしていたんです。でも、子犬の管理はとても大変。そこで、キャリアチェンジ犬を迎えました」とのこと。

盲導犬になるための最終試験に合格できなかったとは言え、あらゆる訓練を受けて来たキャリアチェンジ犬は、聖子さん曰く「とても利口で、どこへ一緒に行っても困ったことはありません。サイズは小さいのに、いまのフレブルのほうがずっと大変(笑)」だそうです。

聖子さんの現在の愛犬そらちゃん

盲導犬とは縁があったようだとも語る聖子さんは、ごく近所でたまたま盲導犬の繁殖ボランティアをしている人と知り合ったことから、母犬や子犬の世話を手伝うようにもなったと言います。

聖子さん家族が初めて迎えた盲導犬のキャリアチェンジドッグ

子犬たちとの別れで号泣

繁殖ボランティアにもともと興味を抱きつつ、仕事を持ちながらでは大変だとの結論から諦めていた聖子さんでしたが、近所の繁殖ボランティアさん宅に手伝いに行くという形で、ラブラドール・レトリーバーのかわいい子犬たちと触れ合えるようになりました。

「子犬が産まれそうだと連絡を受けると、駆けつけて助産を手伝います。1回の出産で7~8頭の子犬が誕生するのですが、最後の1頭が出て来るまで心配で。明け方に無事に全頭生まれたことを見届けて、一睡もしないで眼下にクマを作って会社に出勤したこともありましたね」と、聖子さんは当時を振り返ります。

生まれて間もない盲導犬のパピーたち

繁殖ボランティアさんが子犬の世話をしている間、聖子さんは母犬を散歩に連れ出したりもしたとか。「えらいよね~、子育てをしばし忘れてのんびりしようね~、などと母犬に話しかけながら散歩しました。どんな犬でも、本当にかわいくて大好きです」(聖子さん)。

ほかにも、毎日ボランティアさん宅に通って、子犬と遊んだり、排泄物の片づけをしたり、離乳食を与えたりしたと言います。

「子犬たちとの幸せ過ぎる日々は、あっという間に終わりを迎えてしまうんですよ。生後2ヵ月を過ぎると、盲導犬の施設に一旦引き取られる日がやって来ます。1頭1頭、迎車に乗せるのですが、車が出発する頃には別れがつらくて号泣してしまいます(笑)」(聖子さん)。

出典
ニッポン放送育てた犬が盲導犬に! 再会や別れを思い出して胸が熱くなる

Share Tweet LINE コメント

page
top