grape [グレイプ]

「私、料理研究家なのに…」犬のご飯の作り方がわからなかった女性 勉強して作った優しいお菓子

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週土曜日朝8時放送 ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』より。

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

人間にとって、家族同様の存在でもある「ペット」。私も犬を飼っていますが、飼い主とワンちゃんが同じものを食べて、美味しさを分かち合えたら最高ですよね。きょうは、犬が大好きで「人と犬が一緒に食べられる無添加おやつとごはんのお店」をオープンした女性のグッとストーリーをご紹介します。

『One’s Daily(ワンズデイリー)』のお菓子工房

東京・町田市。小田急線・玉川学園駅のすぐそばに、アパートの一室を改装したお菓子の工房があります。この工房で作られているお菓子は、基本的にワンちゃん向けのものですが、人間も食べられるようにちゃんと保健所の許可も得ています。スタッフ2人と一緒にこの工房でお菓子を作っているのが、One’s Daily(ワンズデイリー)代表の森崎繭香さん

「お菓子・料理研究家」としても活躍中の森崎さんですが、いまはワンちゃんのお菓子作りでも大忙し。スタッフが工房を訪ねると、「ワンワン!」と元気な鳴き声でワンちゃんがお出迎えしてくれました。

森崎さんの愛犬・リクくん。後ろ髪が長い、カニンヘンダックスフンドのオスで、5歳になります。この日は工房に“出勤”。調理室の外で待機し、試作品を味見するのがリクくんの仕事です。

「美味しいと、すごくキラキラした目をして私のところにやって来るんです。背中を床にこすりつけて大喜びすることもありますよ」…リクくんが美味しそうにお菓子を食べる動画は、インスタグラムにアップされます。「この子はOne’s Dailyの宣伝部長なんです(笑)」

『One’s Daily』代表の森崎繭香さんと、愛犬リクくん

子どもの頃から、常に犬か猫がいる家で育った森崎さん。実家を離れたあと、どうしてもワンちゃんが飼いたくなり、ペットショップへ通うようになりました。そこで出逢ったのがリクくんだったのです。

「この子、すごくヤンチャで、ひとりだけトイレをひっくり返したりしてたんです(笑)」

普通の飼い主なら敬遠するところですが、森崎さんはそのヤンチャぶりに一目惚れ。食いしん坊なところもすっかり気に入って、リクくんとの楽しい日々が始まりました。

出典
ニッポン放送料理研究家・森崎繭香が作るペット用食品~愛犬のアレルギーがきっかけに

Share Tweet LINE コメント

page
top