エスカレーター、片側を空けないで「手すりにつかまろう」鉄道各社が一斉に

都市部を中心に、エスカレーターで歩行する人のために片側を空ける、というのが習慣となって久しく経ちます。

東日本では、左側に立ち、右側を歩行。西日本では、右側に立ち、左側を歩行。というケースが多いよう。

鉄道会社によっては、「お急ぎの方のために●側を空けてください」という表示をしていた経緯もあり、それが発端で地域差があるなど諸説聞かれます。

エスカレーターの歩行は危険

エスカレーターは、立ち止まって利用することを基準に安全設計がされています。一般社団法人日本エレベーター協会では、安全のため「歩行禁止」を呼びかけています。

エスカレーターの歩行時には、こういった危険が。

  • 立っている人をすり抜ける際に体や荷物が接触し、転倒するなどの事故になる可能性がある
  • 移動している段の上を歩行することで、バランスを崩す可能性がある

また、体の片側を怪我しているなどの理由で、右か左、どちらか一方の手すりにしかつかまれず、片側に寄ることができない人もいます。

鉄道各社が一斉に「手すりにつかまろう」を呼びかけ

出典
一般社団法人 日本エレベーター協会

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop