grape [グレイプ]

野村弘樹が解説 セ・パ交流戦で注目されるバッティングが“大好き”なピッチャー

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週月~木曜日夕方4時から放送しているニッポン放送『草野満代 夕暮れWONDER4(ワンダフォー)』。人に伝えたくなるGOODな話とGOODミュージックが詰まった1時間40分です。

元プロ野球選手で解説者の野村弘樹が、6月5日放送のニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」に出演し、野球における投手のバッティングについて持論を述べた。

プロ野球 巨人練習 平成12年日本シリーズ練習で打撃練習する巨人・桑田真澄投手 撮影日2000年 提供産経新聞

6月3日から始まったセ・パ交流戦。交流戦の見どころのひとつに『DH制の有無』がある。というのも、DH制を採用しているパリーグの主催試合では、セパの球団はともに投手の代わりに指名打者を置くことができる。逆に、セリーグの主催試合ではパの投手は打席に入らなければいけない。

普段、バッティングに縁がない投手が、打席に立つ――というシーンも見られる。このセ・パ交流戦について、元プロ野球選手で、現役時代は投手を務めていた野村弘樹が、自身の経験を踏まえて、『DH制の有無』について語った。

『(バッティングは)好きでしたね。やっぱり野球は打たれるより、打った方が楽しいですから』

と、打席に入るのが楽しかったことを語った。バッティング好きなピッチャーとして有名なのが、桑田真澄だ。

『我々、(バッティング好きな)投手は、よくバッティング練習していて、ニコニコしてましたね。やっぱり打つのは楽しいですから』

と、現役時代を振り返った。そんな打席好きの野村だが、“バント”だけは、どうしても好きになれなかったという。

『交流戦があるので、パリーグのピッチャーでも、バントの練習はしています。バントできるピッチャーは多いですよね。送りバントひとつ、できるか否かで、自分の勝敗に関わってきますから。でも、難しいんですよ。絶対に決めなきゃいけないので、大嫌いでした』

と、バントが苦手だったことを告白。これを受けて、番組パーソナリティで、“野球未経験者の”草野満代は

『(バントは)こうやってクッと構えて、ポンっと落とせばいいんじゃないですか?』

と、バントを“蝉取り”に例えて話すと、野村は

『蝉取りよりも難しいですよ』

と、ツッコミを入れた。

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

草野満代 夕暮れWONDER4

ニッポン放送で毎週月曜~木曜、夕方4時から放送中!生活情報、スポーツ、気象情報、エンタメなどなど…人に伝えたくなるGOODな話とGOODミュージックが詰まった1時間40分。DJはTVキャスターとして長年お茶の間にお邪魔していました草野満代。WONDER4で"ワンダフォー"と読みます!
http://www.1242.com/w4/

出典
ニッポン放送野村弘樹が解説 セ・パ交流戦で注目されるバッティングが“大好き”なピッチャー

Share Tweet LINE コメント

page
top