grape [グレイプ]

宇都宮駅「那須三元豚のチャーシュー弁当」(1000円)~宇都宮に新作チャーシュー駅弁が登場!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『1日1駅弁』 駅弁食べ歩き15年の放送作家・望月崇史が駅弁屋さんのウラ側、レストラン列車、スイーツ列車情報をご紹介します。

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

E5系新幹線電車「はやぶさ」、東北新幹線・宇都宮~那須塩原間

E5系新幹線電車が単独で走る、東京~新函館北斗間3時間58分の「はやぶさ」号。
特に宇都宮を出ると、最高時速320kmに向かって、列車がスピードアップして行きますので、乗っていても「ついに本気出してきたな」という感覚になります。
日光連山を過ぎて那須の山並みが近づいて来るころには、すっかりパワフルな走りの「はやぶさ」号に変身しているという訳なんですね。

那須三元豚のチャーシュー弁当

そんな那須周辺をはじめとした、栃木県北部で生産されている「那須三元豚」。
塩原温泉郷の温泉旅館や那須塩原市のふるさと納税返礼品にも使われるなど、ご当地のブランド豚として着々と浸透してきています。
これを使用した宇都宮駅弁「松廼家」の新作「那須三元豚のチャーシュー弁当」(1000円)が、今年(2019年)5月から登場しました。

那須三元豚のチャーシュー弁当

【おしながき】
・白飯
・那須三元豚のチャーシュー オニオンソテー
・玉子焼き
・わさび菜漬け
・紅しょうが

那須三元豚のチャーシュー弁当

松廼家特製・生姜風味の食欲をそそるいい香りのたれがたっぷり塗られた那須三元豚の肉厚チャーシューが、白いご飯の上にすき間なく敷き詰められています。
松廼家の開発担当の方がチャーシューの美味しさにほれ込んで開発したというこの駅弁、宇都宮駅改札内の売店のお姉さまも、「もう3日連続で食べちゃったわよ!」と話します。
確かにチャーシューは胃もたれしない良質な脂で、冷めても美味しくいただけます。

205系電車・普通列車、東北本線・片岡~蒲須坂間

「松廼家」によると、今後も「那須三元豚のチャーシュー弁当」は通年販売を予定しており、外気温が下がってくる秋ごろからは、加熱式容器での販売も計画しているそうです。
東北本線(宇都宮線)・宇都宮~黒磯間を走る205系電車でも、日中の空いた時間帯なら、のんびりと駅弁をいただいてもまず問題ない雰囲気。
那須の山並みを眺めてご当地の味を味わえば、それはきっと楽しいひとときでしょう。

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送宇都宮駅「那須三元豚のチャーシュー弁当」(1000円)~宇都宮に新作チャーシュー駅弁が登場!

Share Tweet LINE コメント

page
top