grape [グレイプ]

安倍総理とハメネイ師の会談は「国連総会でのトランプ大統領を交えた三者会談への模索」

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月14日放送)に参議院議員の青山繁晴が出演。安倍総理とハメネイ師の会談について解説した。

安倍総理がイランのハメネイ師と会談

安倍総理)イランの最高指導者であるハメネイ師に直接お目にかかり、平和への信念を伺うことができました。ハメネイ師からは核兵器を製造も、保有も、使用もしない。その意図はない、するべきではないとの発言がありました。

安倍総理大臣は6月13日、訪問先のイランで最高指導者ハメネイ師と会談した。会談のなかでハメネイ師は、核兵器の製造も保有も使用もしない、その意図はないと述べたが、アメリカのトランプ大統領との対話については拒否した。

飯田)最高指導者が元首と位置付けられている。国政全般の最終決定権を持っている人ということですが、核兵器についての言及があったことは大きいと見て良いのですか?

青山)あまり大きくないですね。イランは一方で、アメリカのトランプ大統領が核合意から抜けた以上は、核開発を再開することもあり得るということを、最高指導者のハメネイ師サイドではなく政府サイドから出しています。イランという国をきちんと理解していれば役割分担があって、そもそもイランはイスラム共和国ですから、イスラム革命によって成立しています。革命後のイランは、宗教指導者があくまで最高指導者として最終決定権と最終責任を持つ。同時に実務は大統領が遂行する。選挙も行っていますから、西側のいわゆる普通の民主国家とは違うタイプの国家体制です。そこを理解した上で言えば、当然ハメネイ師はイスラム革命に基づく理想を語っているのであって、それが大量破壊兵器を持つということになるはずがないし、トランプ大統領が敵対的な姿勢を示せば、安倍総理の訪問に感謝、理解をしても、トランプ大統領と話そうというわけにはいかない。

9月の国連総会でロウハニ大統領・トランプ大統領・安倍総理の三者会談が実現への模索

青山)実際はこれが入り口で、特に毎年9月は国連総会がある。安倍総理が夏の国政選挙に勝って無事に政権を続けていたとすれば、安倍総理は国連総会に行って、そこにイランの改革派であるロウハニ大統領も必ず来ますから、トランプさんも交えて三者会談があるかもしれない。本当はそれを模索しているのです。ハメネイ師はトランプさんと話したり、会う必要はないのです。トランプさんと安倍さん、ロウハニ大統領の三者会議が実現するかどうかです。
今回ハメネイ師は原理原則に基づいて話をしていて、何も驚くことではない。これを驚きのように報じているオールドメディアもありますが、はっきり言って勉強不足です。現実を知らないし、イランのことも理解していない。イランに行ったこともない状態で話はできないのですよ。イランは実際に歩かないと分からない国です。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送安倍総理とハメネイ師の会談は「国連総会でのトランプ大統領を交えた三者会談への模索」

Share Tweet LINE コメント

page
top