grape [グレイプ]

ももクロ・あーりん、“裏ボス”っぷりは小学生時代に開花!? 先生にまさかの交渉…

By - オールナイトニッポン.com  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

6月9日(日)、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時~)に、ももいろクローバーZの高城れに佐々木彩夏が出演し、これまでに体験した野菜栽培について回想。佐々木は小学校の授業で行ったミニトマト栽培について語ったが、トマトが苦手な食べ物だったことから、先生にナスの栽培をお願いしたという。

高城:私、小学生の時に小玉スイカを育てていた。

佐々木:へえ~スイカを!? お家で育てていたの?

高城:そう、ちょっと大きめのプランターで育てて、ちゃんと実がなったの。だけど鳥に食べられちゃって。

佐々木:あ~! 明日取ろうと思ったら、明日取られているんだよね!

高城:そうそう。

佐々木:私も小学生の時、プチトマトを育てる授業があって。でも私はトマトがあんまり好きじゃないから育てるのが嫌で。育てたら食べたいじゃん?

高城:まあ、そうだね……

佐々木:みんなは『サラダにして食べよ~』とか言っているのに、私は全然食べたくないから、先生に『トマトは嫌いなので、トマトじゃないものを育てたいです。食べられないものを育てても愛着がわかなくて、水やりをするのを忘れちゃうと思います』って。

高城:強すぎでしょ!(笑)

佐々木:あとね、夏休み中は家に持って帰らなきゃいけないでしょう? 何でトマトを持って帰らないといけないの!?って。

高城:まあね、嫌いなものは嫌いだからね。

佐々木:結局、私だけナスを育てさせてもらったの。

高城:ええ!? それで交渉成立したんだ!

佐々木:ね、先生もどうしようもなかったのかも(笑)

ミニトマトとは違ってナスは大好物だったため、愛情を込めて栽培し、実を収穫できるほど順調に育ったそうだ。先生に自分の意見をはっきり伝え、特例を許可された佐々木のエピソードに、高城は「さすが、うちの裏ボスは強いわ」と唖然。佐々木が笑いながら「昔からちょっと自己主張が強かったみたいで」と明かすと、高城は「ももクロに入りたての時は“そういうイメージ”がなかったけど――。途中からなったわけじゃなかったんだね。小学生の時からボスだったわ」と妙に納得していた。

なお、6月16日(日)22時から放送の「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」では、「ももクロ、ニューヨークに行ってまーくんに会ってきたぞスペシャル」と題した特別企画を行い、ヤンキース・田中将大投手とのエピソードを紹介する。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」
放送日:2019年6月9日(日)22時~22時30分
パーソナリティ:ももいろクローバーZ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190609220000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/momoclo/

radikoのタイムフリーを聴く

オールナイトニッポン.com

日本一有名なラジオ番組オールナイトニッポン。話題のニュースやラジオの番組情報、オリジナルコンテンツを揃えています。
オールナイトニッポン.com 公式サイト

出典
ニッポン放送ももクロ・あーりん、“裏ボス”っぷりは小学生時代に開花!? 先生にまさかの交渉…

Share Tweet LINE コメント

page
top