grape [グレイプ]

篠原涼子 × 芳根京子、お弁当バトルが勃発!?

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第644回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、6月28日公開の『今日も嫌がらせ弁当』を掘り起こします。

人気ブログからエッセイ、そして映画へ

小説、コミック、アニメ、ゲームと、様々なジャンルのヒットアイテムを次々と実写映画化している日本映画業界が、次に目をつけたのはブログ?! 確かに、個人が発信するブログエッセイを映像化した作品が目を引く昨今。

『今日も嫌がらせ弁当』もそのひとつ。シングルマザーの母親と反抗期の娘による弁当を通じた交流を、篠原涼子芳根京子の共演で織りなす、ハートウォーミングストーリーです。

Amebaブログ【デイリー総合ランキング】1位を獲得(2015年2月12日時点)。遊び心にあふれたお弁当画像で大人気となった「kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」。このブログのなかでも、特に反響が大きかったお弁当と日記を抜粋して書籍化されたエッセイ『今日も嫌がらせ弁当』は、発行部数シリーズ累計20万部を突破するヒットを記録しました。

これを原作に本作では映画オリジナルのストーリーを加え、ユーモラスで感動にあふれた物語を展開しています。

自然と人情が豊かな八丈島で次女の双葉と暮らす、シングルマザーの持丸かおり。高校生の娘についにやって来たのが、反抗期。生意気な態度や無視を繰り返す娘に仕返しするべく立ち上がった母が武器に選んだのは、お弁当。

娘の高校入学から卒業まで、かおりは双葉が嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲。当初は「ウザい」と煙たがっていた双葉だったが、やがてこのお弁当が母と娘にとって大切なものへと変わって行く…。

かおり役の篠原涼子と、双葉役の芳根京子。人気女優による親子バトルもさることながら、注目したいのが“嫌がらせ弁当”のクオリティの高さ。木工用ボンドに、鮭茶漬けの袋に、ダンディ坂野に、貞子と、もはや“嫌がらせ”を超えた芸術の域に達しています。

そして“嫌がらせ”とは言いながらも、これだけ手間ひまをかけられるのは、やはり母親の愛情があってこそ。規格外の嫌がらせっぷりに、ほくそ笑みながら、母の無償の愛にホロリと来てしまう。お弁当に込められたメッセージは、きっとあなたの心にも響くことでしょう。

『今日も嫌がらせ弁当』

2019年6月28日から全国公開
監督・脚本:塚本連平
原作:「今日も嫌がらせ弁当」ttkk(Kaori)(三才ブックス刊)
主題歌:フレンズ「楽しもう」
出演:篠原涼子、芳根京子、松井玲奈、佐藤寛太、佐藤隆太
©2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
公式サイト http://www.iyaben-movie.com/

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送篠原涼子 × 芳根京子、お弁当バトルが勃発!?

Share Tweet LINE コメント

page
top