grape [グレイプ]

宇都宮駅「いっこく野州どり弁当」(850円)~宇都宮名物のとりめしが大きくリニューアル!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『1日1駅弁』 駅弁食べ歩き15年の放送作家・望月崇史が駅弁屋さんのウラ側、レストラン列車、スイーツ列車情報をご紹介します。

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

205系電車・普通列車、東北本線・片岡~蒲須坂間

東北本線・宇都宮~黒磯間を中心に活躍する205系電車。
かつては京葉線などを走っていた車両が、帯の色を変えて4両の短い編成になり、トイレが設置されるなどのリニューアルを経て、栃木県北部のローカル輸送に従事しています。
1両4ドアはそのままですが、ドアは押しボタン式に改造され、開閉は自分で行うのが基本。
地元の方は、他に降りる人がいなければ、自分で「閉」ボタンも押して下車していきます。

いっこく野州どり弁当

鉄道車両は、リニューアルされながら長年にわたって使われていきますが、ロングセラーの駅弁もリニューアルを行いながら、各駅の鉄道文化として定着していきます。
宇都宮駅弁の定番だった「とりめし」も、この春、大きくリニューアルを受けて、「いっこく野州どり弁当」(850円)に改められました。
製造・販売はもちろん、明治26(1893)年創業の「松廼家」です。

いっこく野州どり弁当

【おしながき】
・茶飯
・いっこく野州どりの照り焼き
・いっこく野州どりのつくね寄せ
・いっこく野州どりのそぼろ
・玉子そぼろ
・煮玉子
・わさび菜漬け

いっこく野州どり弁当

名前に“いっこく野州どり”が入って、よりご当地の味を推してきた「いっこく野州どり弁当」。
従来は一面の鶏そぼろでしたが、玉子そぼろと煮玉子が入って味にアクセントが付いた上、見た目も彩りが華やかになりました。
根強い人気のつくね寄せは残し、鶏肉の照り焼きは食べやすいように一口サイズにカット。
それで800円台に抑えているわけですから、なかなかいいリニューアルではないでしょうか。

E3系+E5系新幹線電車「なすの」、東北新幹線・宇都宮~那須塩原間

東北新幹線の一部の列車には、昔、「こまち」として活躍したE3系新幹線電車を連結した、16両編成の「やまびこ・なすの」号がやって来ることもあります。
元「こまち」のE3系電車は、山形新幹線の「とれいゆつばさ」、上越新幹線の「現美新幹線」など、新幹線では珍しい観光列車にリニューアルを受けている車両もあります。
駅弁も鉄道車両もリニューアルを受けながら、息の長い活躍を見たいものです。

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送宇都宮駅「いっこく野州どり弁当」(850円)~宇都宮名物のとりめしが大きくリニューアル!

Share Tweet LINE コメント

page
top