grape [グレイプ]

「Bank」が「銀行」と訳された理由とは

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

『銀行』の名前の由来ですが、明治時代の日本で国立銀行の条例を作る際、アメリカの『国立銀行法』という法律を参考にしました。『国立銀行法』は英語で『National Bank Act』と言いますが、そのときに『Bank』を『銀行』と訳しました。

「金じゃなくて、どうして銀なの?」と思われる方もいらっしゃると思います。その理由ですが、「Bank=お金(金や銀)を扱う店」という発想から、中国語で『店』を意味する『行』という漢字を使ってみては…という案が出たそうです。

その結果、『金行(きんこう)』または『銀行』ではどうか? という話になりましたが、『金行』だとあまり語呂が良くないということで、最終的に『Bank』を『銀行』とすることにしたそうです。

他にも、実業家の渋沢栄一さんが『銀行』という言葉を考えた…とする説などがあります。渋沢栄一さんと言えば、2024年をめどに新しくなる1万円札の肖像に使われることが決まっていますよネ。

参考までに『Bank』という言葉の語源ですが、イタリア語の『BANCO(バンコ)』だと言われています。『BANCO』とは『長い机やイス』のことです。

12世紀の頃、当時の世界の貿易や文化の中心地だった北イタリアに、両替を行う『両替商』が誕生しました。この両替商が現在の銀行の原型だと言われています。そんな両替商の方々が、両替のときに使っていたのが『BANCO』だったそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

毎週月~金曜日 朝7:37~ AM1242 FM93 ニッポン放送ほか全国ネット『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送中。
鈴木杏樹のいってらっしゃい 公式サイト

出典
ニッポン放送「Bank」が「銀行」と訳された理由とは

Share Tweet LINE コメント

page
top