grape [グレイプ]

韓国への輸出規制~「北朝鮮への横流し」という安全保障上の理由

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月8日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。日本が4日に発動した韓国への輸出規制について解説した。

「三・一独立運動」を再現(さいげん)した行進に参加した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(だいとうりょう)(中央左)=2018年3月1日、ソウル(共同) 写真提供:共同通信社

輸出規制に韓国がWTO協定違反だとして反発

日本政府が4日発動した半導体材料の輸出規制を巡って韓国が反発し、世界貿易機関(WTO)協定違反だと提訴を含めた対抗措置も辞さない構えを見せている。日本は禁輸措置や国際ルール違反ではないと説明をし、事務レベルでの話し合いの窓口を開き、韓国側に対し経済産業省の担当者が経緯や今後の対応に関して説明する考えである。

新行)菅官房長官も韓国への半導体材料の輸出規制について、自由貿易体制の逆行、WTO協定違反との指摘には当たらないと述べています。改めて、WTO協定違反というものはどういう行為になって来るのでしょうか?

須田)WTOは自由貿易体制を守ろうということで、一定の貿易ルールを決めています。ですから、関税についてもこれ以上関税を課してはいけない、あるいは自分たちの都合だけで輸出入を制限してはいけないとしています。関税によって障害を設けるだけではなく、自国の法律や商慣習によって貿易が阻害されるようなことがあってはならないというルールを決めている。そのなかに一部例外規定というものがあって、自国の、例えば日本にとってみると日本の安全保障上で何らかの問題が発生しそうな、あるいは発生している場合に関しては、その限りではない。関税の上限も設けなくてもいいし、あるいは一定程度の国内ルールに基づいて輸出入の制限をしても良いという例外規定があります。

20日、白頭山の山頂で記念写真に納まる金正恩朝鮮労働党委員長(左から2人目)と南朝鮮(韓国)の文在寅大統領(右から2人目)。両端は李雪主夫人(左)と金正淑夫人=2018年9月20日 写真提供:時事通信

ウラン濃縮にも使われるフッ化水素が北朝鮮へ横流しされている疑い

須田)今回、韓国に対して3つの材料の輸出が規制されたのは、安全保障上の問題があったからだということですが、本当にそれがあったのかがポイントになります。この3品目は、フッ化水素とフッ化ポリイミド、そしてレジストというものです。なかでも私が注目しているのは、フッ化水素です。実はこのフッ化水素は、ウラン濃縮にも使われる材料です。これは去年(2018年)の話ですが、日本が輸出したフッ化水素を韓国の企業が北朝鮮に、秘密裏に輸出しているのではないかという疑いが出て来た。日本は内々で表面化させずに、11月の段階でおかしいぞと指摘をした。きちんとメッセージを送っていたのです。どれが横流しなのか、どれが正規に使われているのか色分けできなかったためメッセージを送ったのですが、韓国に対して一定の配慮を残しながら、日本は輸出を継続して来ました。ところが、一方で韓国の日本に対する対応が過激になって来て、日本と敵対するような行動を取るようになって来た。そういう状況のなかで「北朝鮮に横流ししませんよ」という信頼関係が果たして維持できているのか。加えて韓国はどんどん北朝鮮との間合いを強めています。だから韓国との信頼関係がない以上、輸出はできませんということになったのです。もちろん違う局面では、いわゆる徴用工裁判の判決の影響などもあります。そういった一連のことを見ても、韓国は日本に対して敵対的な行動をしている。そのため日本は安全保障上の懸念が生じているのだということです。ですから、これはWTO協定違反ではないと言っていいと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送韓国への輸出規制~「北朝鮮への横流し」という安全保障上の理由

Share Tweet LINE コメント

page
top