grape [グレイプ]

ジャニー喜多川社長が逝去 『最後の数日』をジャニーズ事務所が報告

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年7月9日、ジャニーズ事務所がジャニー喜多川社長の訃報を公式ウェブサイトで公表しました。

報告によると、ジャニー喜多川社長は同月9日午後4時47分に都内病院で永眠。死因は解離性脳動脈瘤破裂による『くも膜下出血』で、享年87歳でした。

公式ウェブサイトでは、ジャニー喜多川社長の日ごろの感謝の想いを関係者やファンへ伝えると共に、次のように最後の数日間の状況を説明しています。

2019年6月18日午前11時30分頃、自宅におきまして体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い、救急搬送されました。搬送後、集中治療室におきまして懸命な救命措置を行っていただいたことにより、一般病棟に移ることができましたため、病院のご協力もあり、ジャニーは、自身にとって子供のような存在でございますタレントやJr.との面会を果たすことができました。ジャニーがタレント達と過ごした病院での日々は、かけがえのない時間となりました。新旧、様々な楽曲の流れる病室におきまして、年長のタレントからJr.までが同じ空間でジャニーとの思い出を語り合う、微笑ましく、和やかな時間が流れていきました。片時もジャニーが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレント達は入れ替わり立ち替わり病室を訪れました。ジャニーの好物を皆で賑やかに食べることが日課となり、その光景と匂いからまるで稽古場にいるかのような感覚を覚え、皆、懐かしい記憶がよみがえりました。ときに危険な状態に陥ることもございましたが、タレント達が呼びかけ、体を摩るたびに危機を脱することができました。タレント達と過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供達との絆の強さを感じました。そして、最愛の子供達の愛に包まれながら、2019年7月9日午後4時47分、ジャニー喜多川は、人生の幕を下ろしました。

ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr.達に、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました。

ジャニーズ事務所 ーより引用

そして、ジャニーズ事務所はジャニー喜多川社長の想いを引き継いでいくことを報告の中でつづりました。

1962年ジャニーズ事務所の創業以来、ジャニーは一途にエンターテイメントの創出に励んでまいりました。ジャニーのエンターテイメントに欠かすことができないのはタレントです。これまで多くのタレント達を生み育ててまいりましたが、一貫しておりましたことは、タレントとしてだけでなく、一人の人間として成長することを強く願っておりました。現在では、多くの皆様に支えていただくことで創業当時では考えられない程多くのタレントが、様々な分野で活躍させていただいていることにいつも感謝いたしておりました。

ジャニーが私達に最後まで言い続けていたことは、自身の意思を受け継いでくれるタレントを絶え間なく育成し、そのタレントと社員が、エンターテイメントを通じて世界中の皆様に幸せをお届けすることこそが、ジャニーズグループとして決して変わることのない思いであるということです。そして、世の中がいつまでもエンターテイメントを楽しむことができる平和で希望に満ちた未来であり続けることを心から願っておりました。これからタレントと社員がその意思を受け継ぎ、一人一人が役割を果たすことで世界中にジャニーの願いが届きますよう、タレントとスタッフ一丸となり、精進してまいりますので、何卒ご指導賜れますと幸甚に存じます。

改めまして、ファンの皆様、そして関係者の皆様には心より感謝申し上げます。 そして、この入院期間中におきまして、ご尽力くださいました病院関係者の皆様はじめ、ご支援くださいましたすべての方々に心より御礼申し上げます。

ジャニーズ事務所 ーより引用

また、通夜や告別式などは、ジャニー喜多川社長の「子どもたち」であるタレントとジャニーズJr.たちのみで執り行う家族葬にするとのこと。

それとは別に、「これまでお世話になりましたみなさまには、お別れいただく機会をご用意する予定にしております」とも書いています。

多くのアイドルを世に送り出し、タレントやジャニーズJr.たちから親のように慕われていたジャニー喜多川社長。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。


[文・構成/grape編集部]

出典
ジャニーズ事務所

Share Tweet LINE コメント

page
top