grape [グレイプ]

ジャニー喜多川社長に「地獄行きです」 長瀬智也の言葉にシビレる人が続出!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2019年7月9日、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんが逝去。翌日には、事務所に所属するタレント70人以上が追悼のメッセージを公表しました。

TOKIOの4人も、ジャニー喜多川さんへ贈るメッセージを公開。その中で、長瀬智也さんのメッセージが「強烈だ」「長瀬さんらしすぎる」とネット上で話題になっています。

ロック魂を感じさせる長瀬智也の追悼

ほかのタレントたちと同じように、長瀬さんもジャニー喜多川さんへの感謝をつづっています。

しかし、追悼メッセージの後半にドキリとする言葉が…。

TOKIO、長瀬智也さん「あなたは少年のような心を持った男でした。

 僕はあなたから教えてもらった遊び心とプロ意識でここまでやって来れた気がします。

 僕が音楽や作品にここまで情熱的になれたのも、あなたの作品や表現者に対する情熱を見てきたからこそだと思います。

 ありきたりな言葉を言ったらつまらないと言うような男だとわかってるので僕なりに言わせていただきますが、あなたは最高です。

 最高以外の言葉が見つかりません。

 ジャニーさんはカッコ良すぎるのでたぶん地獄行きです。

 僕も地獄を目指している男なのでまた地獄で会いましょう。

 それまでゆっくりお休みください」

産経新聞 ーより引用

ジャニーさんはカッコよすぎるので、たぶん地獄行きです。

僕も地獄を目指している男なので、また地獄で会いましょう。

追悼のメッセージに、まさかの地獄という言葉選び!

言葉自体は強烈ですが、内容をよく読めばジャニー喜多川さんへの愛が詰まっていることが分かります。

長瀬さんらしいセンスが光るメッセージに、グッとくる人が続出しました。

・ロック魂を感じる言葉だ。

・やっぱり長瀬さんはカッコいいよ!

・なんてパワフルで楽しそうな地獄。

また、コメントの中には「『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』を思い出す」という声も。

長瀬さんは、2016年公開のコメディ映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に赤鬼・キラーK役として出演。地獄専属のロックバンド『地獄図(ヘルズ)』の一員という役を見事に演じ切りました。

そんな長瀬さんの中には、「笑って泣ける地獄の世界」がイメージとしてあるのでしょう。

男気あふれる熱いメッセージは、ジャニー喜多川さんまで届いたに違いありません。

ほか3人の追悼メッセージが読みたい人は、こちらからご覧ください。

出典
産経新聞サンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top