grape [グレイプ]

日本は中朝へとバランスを移しつつある韓国とどう対峙するべきか

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月12日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。韓国の康京和外相とポンペオ米国務長官が電話協議をしたニュースについて解説した。

米韓の外相が協議、韓国側が日本の輸出規制への憂慮をアメリカに伝える

韓国の康京和外相はアメリカのポンペオ国務長官と電話協議し、日本による半導体素材などの輸出規制について、アメリカ企業はもちろん世界貿易の秩序に否定的な影響を及ぼしかねず、日米韓3ヵ国の協力の側面でも望ましくないとする憂慮を伝えた。なお日本と韓国の当局者はきょう(12日)面談し、日本側が輸出管理強化について説明するとみられている。

新行)日本側が措置は安全保障上の脅威による輸出管理の見直しと主張しているのですが、韓国側は、日本が国際的な貿易ルールに違反していると措置の撤回を求めていて、意見が食い違っています。

日韓関係がうまく行かない理由

宮家)まずはこの問題の大きなピクチャー、大局を見るべきです。1950年に朝鮮戦争があって、1953年に休戦になるのですが、そこから冷戦が始まり、その間は日米韓の連携で北朝鮮を抑止して来ました。相手側には中国とソ連と北朝鮮がいた。ところが、冷戦が終わって状況が変わって来た。朝鮮半島について言えば、北朝鮮も少しずつ変わって、今や核兵器を持ちつつある。しかし、いちばんの問題は中国です。そのときに韓国の一部では「いまさら米韓関係の強化か、いまさら韓日関係なのか」と言う人たちもいるわけです。いまの韓国の大統領も、間違いなくそういう考え方です。彼らはナショナリストなのですよ。左派のナショナリストなので、それなりに独自性を出したいのだと思う。要するに、アメリカからも日本からも距離を置いて、北朝鮮・中国の方になびくと言ったら言い過ぎだけれど、中朝ともバランスを取ろうとしているのです。その大きな流れのなかに今の日韓関係があるのですから、うまく行かないのも当たり前なのです。彼らは意図的にやっているのだから。

20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)出席のため、関西空港に到着した韓国の文在寅大統領。右は金正淑夫人=2019年6月27日午後、関西国際空港 写真提供:産経新聞社

韓国の主張は国内向けのアピール

宮家)今回の場合について言えば、日本がやったことはWTO協定違反にはもちろんならない。たとえ訴えられたとしても負けないような理論武装をきちんとして、韓国の急所を突くような強烈な1発を打ったのです。韓国は当然困るわけで、「日米韓3ヵ国の協力の側面でもよろしくない」と米側に言っている。日本から見れば、それを壊しているのは韓国の方だと言いたいのだけれど、そこはぐっとこらえている。アメリカは日韓関係のことを言われても困るのですよ。アメリカにとっては日本は大事な同盟国ですけれど、韓国も大事な同盟国です。その同盟国同士にけんかをされたら、一種の三角関係ですから、片方の味方をした時点で両方とも壊れてしまいます。だから、アメリカは結論を出せないと思います。出したら大失敗ですよね。韓国は、苦し紛れにアメリカに日本の文句を言っている。「WTOでもきちんと文句を言った、協議もやります、その気になればパネルに行ってもいいですよ」と。それは外交面だけでなく、国内的にも説明しなくてはいけないからです。日本にあんな仕打ちをやられて、韓国は黙っているのかと国内で言われないとも限らないから。文政権からすれば、一種の情報戦というか、プロバガンダ戦の一環として、ちゃんとアメリカには言いつけたぞとアピールしたい。でもアメリカは取り合わないと思います。

不正な横流し疑惑については答えは出ず、水掛け論は続く

新行)不正輸出リストというものも、先日出て来ていましたけれど。

宮家)そうですね。正直に言って、不正な貿易、戦略的、軍事的に重要な物質とか、いろいろな貿易を規制する枠組みがあるのだけれども、韓国は日本も違反をやっているではないか、アメリカだってやっているではないかと言っているようです。しかし違反する奴、悪い個人はどこの国にもいるのですよ。問題は政府としてきちんとやっているかどうかなのです。今回の韓国の場合は、韓国の民間だけがやっているとはとても思えない。そこに大きな問題があって、もしかしたら韓国当局の一部が組織的にいろいろな悪さをしているのではないかと思われることすらいくつかある。それが我々にとって気になるわけです。韓国は日本に具体的証拠を出してみろと言うのですが、その内容は当然のことながら機密情報というか、インテリジェンスの話ですから、どちらも出さないでしょう。残念ながらこうした水掛け論は当分続くと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送日本は中朝へとバランスを移しつつある韓国とどう対峙するべきか

Share Tweet LINE コメント

page
top