grape [グレイプ]

小田原駅「だし香る鯛めし」(990円)~炊き込み&おぼろの2つの味が楽しめる新作鯛めし!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『1日1駅弁』 駅弁食べ歩き15年の放送作家・望月崇史が駅弁屋さんのウラ側、レストラン列車、スイーツ列車情報をご紹介します。

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

251系電車・特急「スーパービュー踊り子」、東海道本線・茅ヶ崎~平塚間

日差しが待ち遠しい、梅雨真っ最中の首都圏。
梅雨が明けたら、スグにでも湘南・伊豆方面へ繰り出したいものです。
251系電車の特急「スーパービュー踊り子」号は、乗った時からそこは伊豆がコンセプト。
大きな窓に差し込むギラギラの太陽と、キラキラに光る海を眺めれば、一気に気分爽快!
どんなに暑くても、やっぱり夏ってイイですよね!

だし香る鯛めし

伊豆・箱根の玄関口、小田原で新しい駅弁を見つけました。
東華軒」が製造する「だし香る鯛めし」(990円)。
東海道沿線では、明治時代から各社で鯛めし駅弁が作られてきました。
小田原にもレギュラーの「鯛めし」はありますが、今回は、和食の基本「だし」をフィーチャーした新作を7月12日に登場させました。

だし香る鯛めし

【おしながき】
・鯛の炊き込みご飯 チダイほぐし身のせ 桜えび素揚げ
・金目鯛のだしご飯 おぼろのせ 高菜ごま油炒め 酢蓮根
・玉子焼き
・煮物(椎茸、人参、ふき)
・わさび漬け
・大根つぼ漬け

だし香る鯛めし

スリープ式の包装を外すと、2つの鯛めしが現れました。
左が西日本的な鯛の炊き込みご飯タイプの鯛めし、右が東日本的なおぼろの鯛めし。
特に炊き込みご飯には、チダイのほぐし身と桜えびの素揚げが載って、食欲をそそります。
一方、おぼろの鯛めしは、だしご飯と金目鯛を使うことで大人の味に仕上げられています。
共に煮物、わさび漬けでアクセントをつけていくと、どんどん箸が進みます。

E231系電車・快速「アクティー」、東海道本線・根府川~早川間

7月16日は、明治18(1885)年に、宇都宮駅で駅弁が誕生したとされる日。
以来134年、「鯛めし」をはじめとした数々のヒット駅弁、ロングセラー駅弁が生まれました。
でも、駅弁屋さん各社ともに新作の開発を怠らず、常にブラッシュアップを続けてきたことが、駅弁という、1つの“ブランド”につながっているのだと思います。
新作、ロングセラー、珍容器…きょうは「駅弁」を手に取ってみませんか?

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送小田原駅「だし香る鯛めし」(990円)~炊き込み&おぼろの2つの味が楽しめる新作鯛めし!

Share Tweet LINE コメント

page
top