grape [グレイプ]

ソフトクリームのコーンは、ワッフル屋のアイデアから生まれた

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎週月~金曜日 朝7:37から『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

ソフトクリームの『コーン』とは、『円錐』という意味です。つまり、円錐の形をした容器ということになります。

よく、トウモロコシのコーンだと思われる方がいらっしゃるそうですが、ソフトクリームの『コーン』のスペルは『CONE』で、トウモロコシは『CORN』ですので違います。また、ソフトクリームの『コーン』の主な原料は小麦粉です。

ソフトクリームの『コーン』ですが、こんなエピソードがあります。1904年、アメリカ・セントルイスで万国博覧会が開かれました。そこにアイスクリーム屋さんが出ていましたが、当時、アイスクリームは紙皿に載せて提供されていました。ある猛暑の日、アイスクリームが飛ぶように売れましたが、そのため紙皿がすべて無くなってしまいました。

アイスクリーム屋さんが困っていると、隣のワッフル屋さんがワッフルを円錐の形に巻き上げて、「これにアイスクリームを載せたらどうか?」と提案しました。このワッフルのコーンとの出会いが形を変えて、現在のソフトクリームのコーンへと続いて行ったそうです。

日本で初めて国産のソフトクリームを販売した、ソフトクリームの総合メーカー『日世』ですが、ソフトクリームの人気とともにコーンが足りなくなったことがあったそうです。当時、コーンは輸入品でしたので、それならば輸入に頼らずに自分の所で作ろう! と、専門の工場を造ったそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

毎週月~金曜日 朝7:37~ AM1242 FM93 ニッポン放送ほか全国ネット『飯田浩司のOK!Cozy up!』内にて放送中。
鈴木杏樹のいってらっしゃい 公式サイト

出典
ニッポン放送ソフトクリームのコーンは、ワッフル屋のアイデアから生まれた

Share Tweet LINE コメント

page
top