grape [グレイプ]

22年間、ウナギをペットに…「どちらが長生きするか競争」

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

そろそろ「ウナギ」の季節ですが、きょうは、ウナギを稚魚から22年もペットとして飼い続けている人のお話です。

不動産を営む 谷口徳幸さん

「私が子供の頃、川でウナギがたくさん捕れましたよ」と言うのは、宮崎県串間市出身の、谷口徳幸さん、59歳。

「ウナギは夜行性だから、夕方、束ねた竹筒に餌を入れて川に沈めておくんです。翌朝引き上げると、ウナギがニョロニョロと捕れましたよ。お袋に甘辛く焼いてもらったあのウナギ、うまかったなぁ」

子供の頃からウナギを食べていたせいか、谷口さんは足腰が丈夫! 走るのが誰よりも速く、駅伝で有名な県立小林高校へ入学。寮生活をしながら、駅伝選手として活躍します。

同級生には、あの「こけちゃいました!」でメダルを逃した谷口浩美さんがいて、「全国高校駅伝」では、2年生と3年生のときに連覇を果たしました。

大きく育った谷口さんのウナギ(水槽のサイズは縦45センチ、横120センチ)

そんな谷口さんですが、高校を卒業すると、どうしたと思います? ウナギと比べちゃいけませんが、ウナギは太平洋の深海で産卵して稚魚になり、3000キロも旅をして日本にやって来ると言われています。谷口さんは、家業を継ぐ前に上京し、専門学校に入ります。

ところが東京の水が合って毎日遊んでばかり、ディスコにハマります。純朴だった谷口青年はいつしか、ふるさとを忘れて、仲間と一緒に原宿でファッション関係のお店を出し、その後は独立。青山で靴やバッグなど雑貨の会社を興しますが、業績が振るいません。

谷口さんが設立した、株式会社「大共ハウジング」

その頃、日本がバブル景気に入り、知人からこう言われます。「谷口、お前は話し上手だから、不動産の営業をやってみないか?」。そうすすめられて、池袋の不動産会社に入社。当時、1000人も社員がいるなかで、営業成績をぐんぐん伸ばして行きます。

35歳で独立した谷口さんは、東武東上線「みずほ台駅」東口に、株式会社「大共ハウジング」を設立。お店に入ると、まず目に入るのが大きな水槽です。

「お客さんに、いらないから処分してほしいと言われて、それならと店に置いて、金魚やグッピーを飼ってみたんです」

普段は水槽に入れてある筒のなかに身を隠しているそう

ウナギとの出会いは、いまから22年前。近所のペットショップを覗くとウナギの稚魚を売っていて、木綿針ぐらいの大きさで、背骨が透き通って見えたそうです。

売っていた10匹を、すべて買って帰った谷口さん。1年もするとボールペンほどの大きさに! 畑で取って来たミミズを水槽に入れると、我先にと平らげます。

そのうち20~30センチになり、水槽で一緒に飼っていた金魚やグッピーが、いつの間にかいなくなってしまった! 10匹いたウナギも1匹、2匹と死んで、とうとう1匹が残り、いまでは全長65センチ、人の腕ほどの太さになりました。

谷口さんは「(ウナギと)どっちが長生きするか競争」と語る

このウナギ、8年ほど前に脱走騒ぎを起こします。夜中に水槽から逃げ出し、翌朝、床の上でもがき苦しんでいるところを発見されます。

「皮がむけて瀕死の状態……。これはダメかと思いましたね。でも、ウナギの生命力って凄いんです。みるみる回復して、いまは元通り元気です。口の悪い仲間が『みんなで食っちゃおうよ』と言うんですが、私は1度も食べようと思ったことはありません。いまでは、どっちが長生きするか競争ですよ」と笑います。

仕事に疲れると、水槽の前に椅子を置いて、ウナギを眺める谷口さん。

「海へ戻らず、ずっと川で生き続けるウナギがいるって知っていますか? うちの田舎には〝山ウナギ〟と呼ばれる、2メートルぐらいの化け物のようなウナギが捕れたりするんです。私もふるさとを出たまま、山ウナギみたいだなって思ったりしてね」

第27回 全国高校駅伝のお写真(3列目の一番左が谷口徳幸さん、前列左から3番目が谷口浩美さん)

来年(2020年)、還暦を迎える谷口さん……今年(2019年)のお盆休みは宮崎に帰って、同級生の谷口浩美さんと、地元のうまい焼酎を酌み交わすそうです。ちなみに、焼酎のつまみは何ですか? と伺いましたら、「そりゃ、私の大好物……ウナギの蒲焼だよぉ~」。

今年の「土用の丑の日」は、7月27日(土曜日)。ウナギの蒲焼が大好物だと言う谷口さん。お住いの埼玉県も、ふるさとの宮崎県も、ウナギの名店が多い……これって、〝ウナギつながり〟と言うのでしょうか?

用事がないと不動産屋さんは入りづらいですが、「お近くだったら、お子さんを連れてウナギを見に来てください」と、谷口さんはおっしゃっていました。

東武東上線「みずほ台駅」外観

『株式会社 大共ハウジング』

住所:〒354-0015 埼玉県富士見市東みずほ台2丁目28-8
(東武東上線「みずほ台駅」東口下車直進、2つ目の信号左折すぐ)
電話:049-252-9955
営業時間:午前9時~午後7時
定休日:毎週水曜・第一火曜

上柳昌彦 あさぼらけ
FM93AM1242ニッポン放送 月曜 5:00-6:00 火-金 4:30-6:00

朗読BGM作曲・演奏 森丘ヒロキ

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送22年間、ウナギをペットに…「どちらが長生きするか競争」

Share Tweet LINE コメント

page
top