grape [グレイプ]

インドの路上をあるく野良犬。彼にカメラを取り付けて浮かび上がった、悲惨な現状とは

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:YouTube

インドの都市・ムンバイの野良犬にカメラを着けて、犬の視線で撮影する実験が行われました。実施したのは、World For All Animal Care & Adoptionsという、野良の動物のケアを行っているNGO(非政府組織)。浮き彫りになった野良犬たちの現状が、あまりに悲惨だと話題になっています。

目の前に広がるのは大量のゴミ、ゴミ、ゴミ。

15281_05

出典:YouTube

水を求めてさまよい歩く。

15281_09

出典:YouTube

人間にはいつも煙たがられ、時には傷つけられる。

15281_06

出典:YouTube

すぐ近くを通りすぎる自転車や車、バイク。

15281_08

出典:YouTube

目の前に迫り来る車が…!

15281_04

出典:YouTube

動画の説明文には、

「動画が撮影されたときに、この犬は実際には傷つけられていません。映像の中の虐待シーンは、動画を編集することによって表現されています」

YouTubeーより引用

とあり、カメラを取り付けられた犬が傷つけられたりはしていないようです。ですがムンバイにいる25万の野良犬たちの生活は、ほとんどこの動画のように悲惨な状況だそうです。

「この子たちを引き取ってください」

YouTubeーより引用

最後の言葉が胸に刺さります。

あなたはこの動画を見てどう感じましたか?

出典
#AStreetDog'sLife

Share Tweet LINE