grape [グレイプ]

戸田恵子の目の前でブラジリアン・ミュージック生演奏

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ニッポン放送で毎週日曜日午後2時から放送中の「三菱電機プレゼンツ 戸田恵子 オトナクオリティ」。8月11日の放送は、ゲストにアーティスト・Saigenjiを迎え、ブラジリアン・ミュージックの魅力について語られる放送となった。

1975年に広島県で産まれ、父親の仕事の関係で引っ越しの多い少年時代を過ごしたSaigenjiが民族音楽を好きになるきっかけは、同じ南米でもアンデス地方を中心に演奏されている民族音楽『フォルクローレ』だという。9歳の頃、父親が持っていた、サイモン&ガーファンクルの『コンドルは飛んでいく』を聴き、後ろで鳴っている『ケーナ』という縦笛に興味を持ったことが、民族音楽のスタートだそうだ。

ひとくくりにされてしまいがちなブラジリアン・ミュージックだが、地域・由来によってサンバ、ボサノヴァ、ショーロなど様々に分類される。また、公用語がポルトガル語であるブラジルだが、周囲はスペイン語が公用語である国が大半。Saigenjiが実際に触れて感じたスペイン語とポルトガル語の持つ語感・雰囲気の違いについても触れている。

番組ではSaigenji が実際にギターを弾きながらジャンルごとの特徴を紹介しただけでなく、自身の曲のスタジオ生演奏も行った。「ブラジルといえばサンバ」とお思いの方には、是非radikoのタイムフリーでブラジリアン・ミュージックの魅力を感じてほしい。

Saigenji は18日の放送にも出演。更なるブラジリアン・ミュージックの魅力を教えてくれる。

三菱電機プレゼンツ 戸田恵子オトナクオリティ
FM93AM1242 毎週日曜14:00~14:30
パーソナリティ:戸田恵子
番組ホームページ:http://www.1242.com/otokuri/

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送戸田恵子の目の前でブラジリアン・ミュージック生演奏

Share Tweet LINE コメント

page
top