grape [グレイプ]

脳性麻痺の少年がトライアスロンを完走!ゴール前で見せる彼の笑顔に胸が熱くなる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

イギリスのワークソップに住んでいる8歳の少年、ベイリー・マシュー君。彼は脳性麻痺を患っています。手足が想う通りに動かず、歩行器なしでは歩くことも簡単ではない状態です。

にもかかわらず、彼はキャッスル・トライアスロン・シリーズ(Castle Triathlon Series)中の一つ、キャッスル・ハワードに挑戦します。

15266_01

出典:YouTube

マシュー君が挑戦した距離は、水泳100m、サイクル4km、マラソン1.3km。彼はこの3つの競技を、見事にクリアーしました。歩行器を使って1段階ずつ進んで行ったマシュー君。

しかし最後のマラソンで、20mほどを残して歩行器を手から放しました。きっと、「一人の力でゴールまで行きたい!」という強い意志があったのでしょう。

マシュー君はゴールを手前にして2回も転んでしまいますが、彼は気にすることなく一人で立ち上がりました。その姿に、人々の応援と拍手が止まりません。

出典
Bailey Matthews aged 8 with Cerebral Palsy finishing TriathlonFacebook

Share Tweet LINE コメント

page
top