grape [グレイプ]

広島・磯村 祖父・父・叔父・兄、一家全員が甲子園出場

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、8月13日に行われた巨人戦で、殊勲の代打サヨナラ犠飛を放った広島カープ・磯村嘉孝選手にまつわるエピソードを取り上げる。

【プロ野球広島対巨人】広島お立ち台 サヨナラ左犠飛の磯村嘉孝とスラィリー=2019年8月13日 マツダスタジアム 写真提供:産経新聞社

「サイコーです! 追い込まれたくなかったので、全部振るつもりでいきました。(打球が)低かったので、どうかなと思ったんですけど、三塁ランナーが(鈴木)誠也だったので、大丈夫だと思いました」

13日にマツダスタジアムで行われた、広島—巨人戦。最大12ゲーム引き離されていた巨人を猛追し、リーグ4連覇を目指す広島ですが、ここに来て3連敗。この直接対決に敗れるか引き分けでも自力優勝の可能性が消えるとあって、是が非でも勝たなければならない試合でした。

試合は、広島が2回に松山のタイムリー二塁打で先制。この1点を、先発・ジョンソンが7回2安打無失点の好投で守り抜きましたが、8回、巨人に追い付かれ、試合は1-1のまま延長戦に突入。11回、広島はこの回先頭・鈴木が、レフトフェンス直撃の二塁打で出塁。野間が送って1死三塁と、サヨナラのチャンスを作ります。ここで巨人ベンチは、メヒアと會澤を連続で申告敬遠し、満塁策を採りました。

打順はリリーフの今村に回ったので、当然ここは代打ですが、カープベンチに残る野手は2人だけ。緒方監督が「決めてこい!」と送り出したのは、4番手捕手の磯村でした。

「送りバントをした時点で、2人敬遠されて、1死満塁で(自分に出番が)回って来るだろうなと思っていた」

さすがキャッチャーだけに冷静沈着。実は磯村、野間に送りバントの指示が出た時点でこの展開を予測し、早めにベンチで待機していたのです。ピッチャーは、代わったばかりの7番手・鍵谷。磯村は3球目のスライダーを振り切ると、ライナー性の打球がレフトへ。

三塁ランナー・鈴木が激走、ホームへスライディングすると、すぐに歓喜の輪ができ、磯村はナインにもみくちゃにされました。

昨季(2018年)までのプロ8年間で、磯村が挙げた打点は計9打点。ところが今季はすでに17打点を挙げています。その勝負強さがギリギリの場面で活きました。

「最近は代打がメインになっていたが、結果を出せていないので、何とかしたいと思っていた。(サヨナラ打は)やっぱり嬉しいですね。みんなで勝ち取った勝利です!」

緒方監督も、いい仕事をした磯村を讃えました。

「接戦をこうやって勝ち切れてよかったです。(磯村は)しびれる場面でいい仕事をしてくれた。こうやって若い選手が経験を積んで行く」

これで広島は、2位・DeNAに0.5ゲーム差。首位・巨人に3.5ゲーム差と再び差を詰め、逆転Vに望みをつなぎました。非常に大きい犠牲フライでしたが、こういう場面で4番手捕手が代打に出て試合を決められるのが、カープの強みでもあります。

また磯村自身も、高校時代にしびれるような大舞台を経験していました。中京大中京で夏の甲子園優勝を果たしているのです。それだけではありません。驚くことに磯村家は、祖父・錦吾さん、父・吉範さん、叔父・昌輝さん、兄・拓範さんも全員、中京大中京で甲子園に出場しているのです。

こんな「甲子園一家」は珍しいですが、持ち前の勝負強さの裏側には、こんなルーツもありました。もともと高卒2年目でスタメン出場を果たしたこともある逸材。逆転4連覇の起爆剤となれるか、今後も注目です。

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送広島・磯村 祖父・父・叔父・兄、一家全員が甲子園出場

Share Tweet LINE コメント

page
top