grape [グレイプ]

ニュースは何を伝えるべきか? 久々に悩む……

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「報道部畑中デスクの独り言」(第145回)

ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、報道で優先するべきニュースの判断の難しさについて—

自民党・小泉進次郎と滝川クリステルが結婚&妊娠を公表=2019年8月7日 写真提供:産経新聞社

私どもが日々お伝えしているニュースは、様々な形式があります。いちばん多いのは「ストレートニュース」と呼ばれる、起きたことを文字通り「ストレート=率直」に伝えるもの。そのほか特集などの「企画ニュース」、こぼれ話的な「トピックス」などがあります。

そして、ストレートニュースのなかでも、放送する時間、掲載する日時によっていくつかの要素があります。

1つは、ニュースに対する価値です。つまり「誰もが知りたい、関心の高いニュース」と、「伝えるべき重要なニュース」……これが一致すれば最も価値あるニュースになるのですが、必ずしもそうならないこともあります。

また、時系列的に見ても、いくつかの考え方があります。「この1日、何があったのか」「前号からこれまでに何があったのか」「いま何が起きているのか」……これに最近は「これから何が起きるのか」という要素も入って来ます。

新聞はご存知のように、朝刊と夕刊の1日2回の発行です(最近は朝刊のみの新聞もありますが)。基本は「前号からこれまでの間に何があったのか」……それをニュースバリューの順に伝えて行きます。

これに対し、ラジオやテレビの電波媒体は少し複雑です。テレビ(ネットワークニュース)は朝・昼・夕方・深夜の最終版の計4つの枠が基本にあり、その間にスポットニュースの枠が入ります。最近はNHKだけでなく、地上波民放でも日中のスポットニュースが増えて来ました。

朝は「前号(昨夜の最終版)からこれまでに何があったのか」、深夜は「この1日、何があったのか」という性格が強いですが、昼・夕方は世の中が動いている時間であるだけに、「いま何が起きているのか」という即時性が強まります。

最近は中継技術の目覚ましい進歩で、時差のある海外のニュースさえ瞬時にして届く時代です。朝や深夜でも「いま何が起きているのか」という即時性が求められる頻度が高くなっているのは否めません。さらに同じテレビでも、30分ごとに内容を更新するCSチャンネルのニュースや、見たい時間を任意に視聴者が決められるインターネット媒体も出現し、ますます複雑化しています。

ラジオはどうか……日中はほぼ1時間に1度の割合でニュースをお伝えしていますので、より即時性が重視されることになります。音声だけという機動力の良さもその特性を後押ししています。

ただ、電波媒体の難しいところは、同じ人がずっと見たり聴いたりしているとは限らないということです。例えば番組が次の番組に切り替わった場合、次の番組から聴き始める人もいます。そういう方々のためには「最新のニュース」より、「最新ではないが、これまでの大きなニュース」の方が、より価値が高いのではないか…そうしたことも考慮の上で、ニュースの構成をすることになります。

なぜこのような話をするのかと言えば、久しぶりにこれはどう扱ったらいいのか……しばし悩んだニュースに遭遇したからです。

当日のニュース原稿 どう報じるか悩んだ

8月7日午後、小泉進次郎衆議院議員とタレントの滝川クリステルさんの結婚のニュースが飛び込んで来ました。私はこのとき、本社でニュースデスクをしていました。

確かにこのニュースは、父親の小泉純一郎元総理大臣の言葉ではありませんが、「まさか」の出来事であり、人々の関心度としては「トップ級」のものでした。おめでたい話というだけでなく、将来の総理候補、将来のファーストレディの可能性もあると言われているだけに、一般の結婚のニュースよりもバリューがあったとは言えるでしょう。

一方で、いち個人のプライベートな話題がそこまでニュースバリューを持つだろうか……ひねくれ者の私としては、こんな考えもよぎりました。ましてや、今回はお2人が総理官邸にあいさつに行き、その後、官邸でぶら下がりという形をとりました。

確かに「組織の上司に報告に行く」のですから、そういう意味ではおかしくはありませんし、官房長官にあいさつに行ったところ、たまたま総理がいたとされています。その上で私は当日のニュースで、昭和的な表現で「ニクイ演出」と申し上げました。(「ニクイ」という言葉はいろいろな意味がありますので、解釈は皆さまにお任せいたします)

結果どうなったか……私が担当した午後2時前、午後3時前、午後4時過ぎ、午後5時過ぎの枠で「進次郎・滝クリ」のニュースは、午後2時前と午後3時前はトップに扱い、午後4時過ぎと午後5時過ぎはトップからは外しました。

解釈としては、午後2時前と午後3時前のニュースは「いま何が起きているのか」を優先し、午後4時過ぎと午後5時過ぎは「夕方になってこれまで何があったのか、まとめ的な要素を重視し、ニュースバリューの順に並べた」ということになります。

ちなみに午後4時過ぎのトップは鉄道トラブルと猛暑、外出先で聞いている方が多いラジオにとって、交通関係のニュースは大変重要です。そして午後5時過ぎのトップはアメリカのエスパー国防長官の来日に伴う総理、防衛大臣の会談となりました。この国が何を考えているのかという視点に立ったものになりました。

何をニュースとして伝えるべきか……瞬時に判断しながら、それが正しいと信じて放送に当たっているつもりですが……答えはないのかもしれません。このように悩みながらの毎日でもあります。(了)

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送ニュースは何を伝えるべきか? 久々に悩む……

Share Tweet LINE コメント

page
top