grape [グレイプ]

函館駅「北の家族弁当」(1100円)~“なつぞら”にも映える!? 北海道の朝ドラ駅弁

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『1日1駅弁』 駅弁食べ歩き15年の放送作家・望月崇史が駅弁屋さんのウラ側、レストラン列車、スイーツ列車情報をご紹介します。

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

キハ261系気動車・特急「スーパー北斗」、函館本線・大沼~仁山間

“なつぞら”の下、北海道駒ヶ岳を横目に、小沼沿いの函館本線を駆け抜けて行く、函館行の特急「スーパー北斗」。
パープルのラインを巻いたキハ261系気動車は、函館~札幌間の「スーパー北斗」はもちろん、札幌~帯広間の特急「スーパーとかち」でも活躍しています。
国鉄時代からの気動車を置き換え、今後もますますこの顔の列車が増えていきそうです。

北の家族弁当

今年(2019年)は、朝ドラ「なつぞら」でも注目されている北海道。
近年では「マッサン」で余市、20年前の「すずらん」では留萌本線が舞台となりました。
そして、昭和48(1973)年の「北の家族」では、函館が舞台となっていました。
函館みかど」の「北の家族弁当」(1100円)は、この朝ドラ由来の幕の内弁当。
今年で発売から46年となるロングセラー駅弁です。

北の家族弁当

【お品書き】
・ごはん(北海道産米)
・ほたて煮
・鰊甘露煮
・味付数の子
・肉じゃがコロッケ
・いかしゅうまい
・焼き紅鮭
・厚焼玉子
・かまぼこ
・信田巻煮
・花人参煮
・味ふき
・昆布巻
・筋子
・みそ漬
・はじかみ
・小梅

北の家族弁当

函館山、元町の教会など、函館らしい景色が描かれた掛け紙を外すだけで、もう感涙!
中味は、焼鮭、厚焼玉子、かまぼこと“三種の神器”が揃った幕の内弁当です。
さらに帆立や鰊甘露煮など、「函館みかど」自慢のおかずが余すところなく詰められていて、「函館みかど」の“大家族”が、1つの折に大集合したようなラインナップ。
どのおかずも主役を張れる食材という意味では、弁当の構成的には歴代ヒロインが続々登場する“なつぞら”的な駅弁とも言えるかもしれません。

キハ283系気動車・特急「北斗」、函館本線・仁山~大沼間

ドラマの舞台・十勝方面へ向かう「スーパーとかち」とコンビを組むのは、キハ283系気動車による、釧路行の特急「スーパーおおぞら」。
このキハ283系気動車は、いまも夏休みなどの繁忙期になると、臨時列車の特急「北斗」として、道南にやって来ることがあります。
残り少ない今年の夏、北海道へリアルな“なつぞら”を眺めに行ってみませんか?

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送函館駅「北の家族弁当」(1100円)~“なつぞら”にも映える!? 北海道の朝ドラ駅弁

Share Tweet LINE コメント

page
top