grape [グレイプ]

車いすに乗った男性が迎えたのは、同じく両足が動かない保護犬だった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

交通事故に遭ったせいで後ろの両足が麻痺してしまった、一匹のワンコ。幸いシェルターに拾われ保護されますが、障がいを持つワンコを迎えてくれる人は誰もいませんでした。ワンコは、近付いて来る殺処分される日を待つことしかできません。

そんなある日、一人の男性が車いすに乗ってワンコを訪ねてきました。彼の名前は、マイク・ウィリアムさん。

15297_05

出典:YouTube

マイクさんは、12歳の頃に横断性脊髄炎にかかってしまい、ワンコと同じく両足が動かない障がいを持っています。

そんな彼が、ワンコを引き取りに来たのでした。

マイクさんがワンコを迎えに来たきっかけは、「San antoniop pets alive」という動物保護団体の紹介でした。団体は、シェルターで安楽死を待っている犬や猫を助けるために、なるべく多くの人に情報を広げています。そしてこの団体は、ワンコに「チャンス」という名も付けてくれたそうです。

15297_06

出典:YouTube

マイクさんと妻のステイシー・ウィリアムさんがいる家庭に、チャンスという家族が増えました。遊ぶときはもちろん、スーパーに行くときもふたりは一緒だそうです。

ステイシーさんは「ふたりとも、物事をポジティブにとらえる性格がとても似ている」と話します。

15297_03

出典:YouTube

出典
Unlikely Best Friends

Share Tweet LINE コメント

page
top