grape [グレイプ]

おっさんへのラブが止まらない!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第677回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、8月23日に公開された『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』を掘り起こします。

ラブはもちろん、アクションあり、爆発もあり! おっさんたちのラブ・バトルロワイアル!!

永遠の愛を誓ったあの日から1年。上海・香港への転勤から日本に戻って来た春田創一は、黒澤武蔵をはじめとする天空不動産第二営業所のメンバーに加え、最近配属された新入社員・山田ジャスティスたちに温かく迎えられる。

そんな彼らの前に現れたのが、天空不動産本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」。本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、リーダーの狸穴迅は東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。狸穴の傍らには、本社に異動した牧凌太の姿も…。

その姿に激しく動揺する春田だったが、さらなる事件が勃発。何と黒澤が記憶喪失になってしまい、終わったはずの春田への恋心が再燃してしまったのだ。果たして春田の運命は。そして、天空不動産の明日はどうなる?!

2018年新語・流行語大賞トップ10、Twitter世界トレンドランキング第1位と、日本中に社会現象を巻き起こした「おっさんずラブ」。「主演・田中圭 × ヒロイン・吉田鋼太郎 × ライバル・林遣都」という驚きのキャスティングと、「おっさんたちの笑って泣けるラブストーリー」という斬新なテーマで視聴者を虜にしたドラマが、待望の劇場版になりました。

嬉しいことに、田中圭、吉田鋼太郎、林遣都をはじめとする連続ドラマからお馴染みのレギュラー陣は、誰ひとり欠けることなく続投。さらに劇場版では、新たな戦力が加わることに。

春田たちの前に立ちはだかるプロジェクトチームのリーダー・狸穴迅役には、大人の魅力たっぷりの沢村一樹。そして、キラキラネームの陽気な新入社員・山田正義(ジャスティス)役に、若手注目俳優の志尊淳

これまた個性的すぎるキャスティングが実現したことにより、ドラマでの三角関係がグレードアップ。おっさんたちによる“五角関係”の恋愛バトルが展開します。

ところでBL(ボーイズ・ラブ)は、小説・アニメ・マンガなど、以前からコアなファン層を持つコンテンツではありましたが、何故「おっさんずラブ」は、これほどまでに社会現象を巻き起こす人気を博したのでしょうか? それは本作が、異色にして王道を行く恋愛ドラマだというところに理由があるように見受けられます。

しかも演じるのは、抜群の演技力とルックスを併せ持つ俳優たち。その意外性にハマった人も多かったのではないでしょうか。

コメディーとしてもラブストーリーとしても一級品。滑稽なまでのピュアな想いにキュンキュンが止まらない、“おっさんたちのおっさんたちによるラブ”の行方を見届けて!

『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』

2019年8月23日(金)から全国東宝系にて公開
監督:瑠東東一郎
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
主題歌:スキマスイッチ「Revival」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
キャスト:田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和大塚寧々、吉田鋼太郎
(C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会
公式サイト https://ossanslove-the-movie.com/

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送おっさんへのラブが止まらない!

Share Tweet LINE コメント

page
top