grape [グレイプ]

笑福亭鶴瓶 橋本環奈の“双子の兄”を勘違い

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

笑福亭鶴瓶

笑福亭鶴瓶が、8月25日放送のニッポン放送「笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」に出演、テレビ番組で女優・橋本環奈の家族へ取材に行った時のエピソードを語った。

鶴瓶が司会を務めるテレビ番組「A-Studio」(TBSテレビ)は、ゲストの近しい人に鶴瓶が直接インタビューに赴くことが恒例となっている。同番組の8月30日放送分のゲスト・橋本環奈にまつわる取材では「橋本さんの両親と双子の兄へ取材に行きます」と事前に伝えられていたことから、取材当日「今から会うのはご両親と2人のお兄さんの4人」と思っていた鶴瓶。

しかい、いざ対面するとそこにいたのは3人。もう1人のお兄さんがいつ来るのかと待っていたら、「これで全員です」と言われ困惑。よくよく聞いてみると、橋本に双子のお兄さんがいるのではなく、橋本と双子のお兄さんがいる、ということだった。

“聴感”からの先入観で勘違いをしてしまうことは、その他にもあるという鶴瓶。例えば、8月7日に「笑福亭鶴瓶落語会」を開催した「梶原いろは亭」では、席亭(寄席の主催者)のおかみさんから「錦糸町のベッドの横にいてましてん」「痛かった……」と声を掛けられた。その話に全く心当たりが無かった鶴瓶だが、出てくる単語から連想して「まさか何かあった……?」とまで想像してしまったとか。よくよく聞けば、錦糸町にあるマッサージ店で施術を受けたベッドが、偶然鶴瓶と隣同士だったことがある、という話だったそうだ。

文字で伝えるのとは違い、聴いた言葉では受け手によって解釈の変動が大きい。“双子のお兄さん”の件は仕方がないとして、普段の生活からもっと相手に伝わりやすいよう意識することも大切だ、と思うエピソードである。

笑福亭鶴瓶 上柳昌彦アナウンサー

なお、9月1日(日)16時からの「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」には、やはり「A-Studio」で共演したKis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔が登場。「まだまだ話したいコトがある!」と場所をラジオに変えての対談が実現する。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送笑福亭鶴瓶 橋本環奈の“双子の兄”を勘違い

Share Tweet LINE コメント

page
top