grape [グレイプ]

「後半戦は打つ事、打点を稼ぎたい」トヨタ自動車・古澤春菜選手 -女子ソフトボールリーグ-

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

いよいよ今週末から、女子ソフトボールリーグは、後半戦がスタートします。

そんな中、「ニッポン放送女子ソフトボール情報」(毎週日曜 17:40~ショウアップナイタープレイボール内)では、前半戦を、7勝4敗の4位で折り返した《トヨタ自動車レッドテリアーズ》のキャプテン・古澤春菜選手に話を聞きました。

■トヨタ自動車レッドテリアーズ 古澤春菜 選手
1993年3月7日生まれ 152cm 右投右打 

■「前半戦は、打線になっていなかったので・・・」

リーグ前半戦を振り返って

『勝ちきれなかったというのがあるんですけど、接戦になるというのは解っていて、そこを最後の最後で粘り強く、勝ちきれなかったというのは、反省点だと思います。』

開幕4連敗、勝ち星を一つ挟んで2連敗と、昨年のチャンピオンチームがどうしたの?と思った方も沢山いると思います。その原因は

『打線が上手くつながらなかった部分があったので、1番から9番という打線で戦う中で、線になっていなかったなって。すごい1試合1試合を戦ってきて感じたのと、打線になっていなかったので、点を獲って、ピッチャーを楽にさせる事が出来なかったので、そこが勝ちきれなかった部分の反省点かなと思います。』

開幕節・ビックカメラ高崎に1対2で敗れた後、会見で、中西監督は、「今年は、まだまだチームを作っている途中なので・・・」という話をしたのですが、それは1番バッターが決まらなかった所もあるのですか

『えっと、昨年までは、1番から上位は固定されて、作られてきたチームだったので、(今年の)軸となるバッター陣が、はっきりしていなかったというのはあります。』

■「去年は、キャプテン1年目という重圧があった・・・」

2節からは、1番にルーキーの石川選手を起用して、ここまで石川選手で固定されている訳ですが、キャプテンから見て、石川選手はどうですか

『私の大学の後輩にもなるんですけど、ルーキーで、相手に知られていない部分もあったりして、思い切ってやってくれている姿が見れるので、それは凄い刺激になります。』

石川選手は、前半戦、打率首位(0.464)、出塁率も3位(0.59)という事で、トヨタ打線を引っ張っているかんじですか

『そうですね、一番バッターらしく、出塁してくれて、ヒットを打ってくれているので、石川だけに任せるのではなくて、それまでにランナーを作ったりだとか、石川が出てくれてそれを返せるような打線を、1番から9番まで作れたら、もうちょっとしっかり点を獲れることが出来たのかな?と思います。』

今年は、古澤選手も、好成績を残していますが、今年の出来はどうですか

『昨年の前半戦に、全然打てなかったというのもあって。まあ、言い訳になるかもしれませんが、キャプテン1年目という重圧があった昨年だったので、今年2年目で、自分らしく、思い切ったスイングが出来ているので、後半戦はそれ以上に打つ事と、打点をしっかり稼ぎたいなと思います。』

後半戦に向けては、その所ですね

『そうですね、打率を残すという事も、もちろんなんですが、いつもチャンスの場面で打つことが出来ていないので、しっかりチャンスの場面で打って、チームの勝利に貢献出来るようにしたいと思います。』

打点という事では、ここ数試合、打順が6番にあがりました。5番には、今年好調の坂元選手がいますが、二人で息の合った、アイコンタクトのような事はしますか

『いや、特にそういった事はないんですけど、前に坂本さんがいるっていうだけで、私1人に、プレッシャーないというのはあります。』

今年好調の坂元選手、その原因はなんだと思いますか

『やっぱり思い切ったスイングだったり、読みが鋭いので、そこが勉強になる部分ですし、マネしようと思う部分なので、そこが凄いなと思います。』

■「デンソーのフーバー投手の球は...やっぱり速かったです。」

今年は、各チームが力をつけてきています。その辺りは、何か感じますか

『そうですね、外国人ピッチャーの投球制限がなくなったという事で、どのチームも、いいピッチャーが、どのチームにも投げてくると思いますし、いままであまり対戦経験のなかった外国人ピッチャーに対して、打つという事を徹底して、やっていくというのが、前半戦で見られた反省でもあるので、今までとは違った、システムというか、投球制限が無いん分、しっかり打ち勝たないといけないなと感じました。』

今話が出てきたのは、デンソーのフーバー投手もいると思いますが、フーバー投手と対戦してみてどうでしたか

『やっぱり速かったです。』

それは、同じチームのアボット投手とも、違う感じですか

『そうですね、はい。』

あのくらいの速球投手になると、球筋とか、わかっていないと打ちづらいものですか

『そうですね、やっぱり速さが速い分、であのコースにもしっかり投げてきていたので、そこは速さと、コースに投げてくるというのは、いいピッチャーだと思うので、そこを徹底して練習をしないといけないなと思います。』

そのデンソーとは、後半戦の2試合目で当たりますが、対策は練っていますか

『そうですね、(球速の)速いマシンなどで、速いピッチャーを攻略するために、練習はしています。』

後半戦に向けては、どんな練習をしていますか

『まずは体力づくりをするためにトレーニング。守備でも、ミスがあったので、その守備の中で、数を受ける事もそうですけど、1球1球の質にこだわって、練習しています。』

■「オムライスが好きなんですけど、夏に卵料理はあまり出てこないんで・・・」

暑さ対策はしていますか

『そうですね、夏に体力が落ち気味になったりするので、いまの体力づくり、走り込みやウエイトトレーニングをして、しっかり体づくりをしている最中です。』

古澤キャプテンは、夏バテしますか?食べるものとか変わりますか?

『いや、夏バテをあんまり経験していないです。食事も、喉を通らないという事を経験したことがないので、すべて美味しく頂いています。あと、チームでは、栄養士さんがついてくれているので、栄養士さんが、朝・昼・夜三食を管理してくれている食事を食べているんですけど、季節や練習後の食事別でメニューを考えてくれています。』

ちなみに、好きなメニューはなんですか

『個人的には、オムライスが好きなんですけど、でも夏に卵料理は、あまり出てこないので、夕食の食事がない日に、自分の好きな物は食べています。オムライスだったり、スタミナをつけるために焼肉を食べるようにしています。』

後半戦に向けての意気込みを

『今は7勝4敗という勝敗ですが、4敗という星は取り戻せませんが、後半戦は、負け星を付けない事、粘り強くしっかり戦うという事と、あとは、一人一人が自分の力を発揮すれば、目標にしている2連覇出来ると思うので、努力してきたことを発揮すれば、優勝は見えてくると思うので、自分たちらしくしっかり戦いたいと思います。』

上の3チーム(ビックカメラ・デンソー・Honda)に黒星が付くと思いますか

『しっかり自分たちがつけたいと思います。』

トヨタ自動車レッドテリアーズ 女子ソフトボール部 http://sports.gazoo.com/softball/
日本女子ソフトボールリーグ機構 https://jsl-women.com/
チケットインフォメーション https://jsl-women.com/static_pages/view/ticket/

※写真は、チームからお借りしたものです。

(よこいみちひと)

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送「後半戦は打つ事、打点を稼ぎたい」トヨタ自動車・古澤春菜選手 -女子ソフトボールリーグ-

Share Tweet LINE コメント

page
top