grape [グレイプ]

原監督に「僕なんかじゃ測れない」と言わせた岡本のすごいところ

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は9月12日のDeNA戦で本塁打を放ち、2年連続の30本塁打に王手を掛けた巨人・岡本和真選手にまつわるエピソードを取り上げる。

【プロ野球DeNA対巨人】4回 巨人・岡本和真が左越え本塁打を放つ=2019年9月12日 横浜スタジアム 写真提供:産経新聞社

「(バットを出したのは)“反応”でした。いいホームランが打てましたね」(岡本)

横浜スタジアムで行われた、首位・巨人と2位・DeNAのセ・リーグ頂上対決3連戦。10日の初戦に逆転勝ちしてマジック「9」を再点灯させた巨人は、2戦目に敗れましたが、12日の3戦目は、巨人打線が本塁打3本を含む12安打8点の猛攻でDeNA投手陣を打ち崩し、マジックを一気に2つ減らして「7」としました。

この直接対決に勝ち越したのは大きく、DeNAとの差は5ゲームに拡大。巨人は残り13試合を7勝6敗とほぼ5割のペースで行けば、5年ぶりのペナント奪還が決まります。

3戦目のヒーローは何と言っても、初回の先制打と本塁打2発で5打点を挙げた丸ですが、4回に丸が25号2ランを放った直後、すかさず2者連続の29号ソロを打ってダメを押した4番・岡本の働きも見逃せません。

丸と岡本がアベック弾を放ったのは、これで今季(2019年)6度目。岡本は「3割・30本・100打点」を達成した昨年(2018年)に続く「2年連続30本塁打」に王手を掛けました。

丸の加入は巨人にさまざまな恩恵をもたらしましたが、後ろを打つ岡本にとっても、丸のバッティングは学ぶところが多く、それが打撃技術の向上にもつながっています。

9月に入って調子を落としていた丸は、この3連戦中に打撃フォームを修正。阿部慎之助の勧めで新たに試みたのが「ツイスト打法」でした。

打った瞬間、打球の方向は見ずに、顔の位置をそのまま正面(三塁ベンチ方向)に残しながら、腰をピッチャー方向ではなく、キャッチャー方向に逆回転させるというトリッキーなこの打法。バッティングの感覚を取り戻すために、1つの調整法として試みる選手はいますが、チームが優勝を争っているこの時期に主砲が試すのは、かなり勇気が要ることです。

「前の打席で、お手本のようなバッティングを丸さんが見せてくれたので、いいイメージで打席に入れました」(岡本)

多少不格好でも、シーズン終盤まで「いまできる最善のバッティング」を追求、ホームラン2発という結果を残した丸の姿勢に、岡本は感銘を受けたようです。

丸は昨年(2018年)まで、広島で3年連続優勝を経験。2年連続MVPに輝いた選手。優勝するために、主砲は何をすべきかを知り抜いている丸の後ろを打つことで、岡本はさまざまな財産を手に入れることができました。

「僕は(リーグ優勝は)初体験なんで」と言う岡本。巨人が最後に優勝した2014年オフのドラフトで入団した岡本は、まだビールかけを経験していないのです。歴代巨人軍主砲の心構えは坂本勇人に学び、チームを優勝に導くための心構えは丸に学ぶ……2人の先輩による“英才教育”が、5年目の岡本をさらに成長させました。

その成長ぶりは、ときに指揮官・原監督の理解を超えることも……。10日の3連戦初戦、巨人は1点を追う6回、DeNAのエース・今永から丸が四球を選び出塁。2死一塁の場面で、岡本に打席が回って来ました。

「俺に回って来い!」と念じていたという岡本。四球を出した後の投手は「まずはストライクを取りたい」という心理が働くので、「カウントを取りに来た真っ直ぐを狙え」というのが打者のセオリー。しかし、実際に今永が投じたのは真っ直ぐではなく、定石の裏をかいたチェンジアップでした。

ところが、岡本はこのチェンジアップを迷いなく振り抜き、打球は左中間スタンド上段へ。逆転の27号2ランとなったのです。試合後、原監督はこの1発について、

「ああいう場面で、チェンジアップをホームランにするっていうのがね……(四球の後の)真っ直ぐをカーン! ならわかるけど、何て評価していいか」

「すごいと言うのか、僕としては物足りないというか……。僕なんかじゃ測れないところ」

複雑な言い回しで、岡本の1発を評価した原監督。岡本本人は「セオリーとかは、一切何も考えていなかった」と言いますが、現役時代“王道”を歩んで来た元巨人軍4番・原監督の理解を超えた領域に、岡本は踏み込もうとしているのかもしれません。

この初戦、岡本は3-1の8回にも、2番手・エスコバーから2打席連続の28号ソロを放っていますが、この1発は「真っ直ぐ」を仕留めたものでした。

そして、マジック減らしに貢献する、12日の29号。あと1本打てば、2年連続で30本の大台に乗りますが、巨人生え抜きの右打者では、原監督が1985年から4年連続でマークして以来の快挙となります。

「打ち方もよくなって来ている。(優勝に向けて)思い切りやりたいです」

優勝の後も、CS突破、そして7年ぶりの日本一奪還へ……岡本が「巨人軍の4番」としてどんなバッティングを見せてくれるのか、真価を問われるのはこれからです。

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送原監督に「僕なんかじゃ測れない」と言わせた岡本のすごいところ

Share Tweet LINE コメント

page
top