grape [グレイプ]

「ねずみ男」に似ているというだけで捨てられていた深海魚「トウジン」の美味しさ

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

毎日、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーターは女優の黒木瞳さんです。

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、WEBサイト「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」を運営している水産アドバイザー藤原昌高が出演。いままでは捨てられていた深海魚について語った。

黒木)今週のゲストはWEBサイト「市場魚貝類図鑑」を運営されている、水産アドバイザーの藤原昌高さんです。「市場魚貝類図鑑」と言っても、とても詳しくて辞書のような図鑑なのですが、それを作成するために日本全国を旅していらっしゃるとのことです。日本で獲れる魚貝類のなかには、利用されずに捨てられるものがたくさんあるそうですね。

藤原)はい。ただ徐々に少なくなって来ていて、食べ方さえ載せておけば、意外と流通するように変わります。深海魚もそうです。昔は深海魚というと、擂って加工する以外はなかったのですが、最近はほとんどが流通するようになっています。

黒木)深海魚が獲れなかったということですか、それとも美味しくなかったということですか?

藤原)見た目が可愛くなかっただけなのです。例えば、キンメダイも深海魚です。キンメダイは昔から食べていたのではなくて、ある程度、船などが発達してから獲られるようになりました。キンメダイよりもはるかに美味しい深海魚はたくさんあります。

黒木)例えば、どんなものですか?

藤原)そうですね。トウジンという深海魚があります。

黒木)名前を伺ってもわからないです。

藤原)鬼太郎の相棒の、ねずみ男にそっくりな姿をしています。

黒木)美味しいのですか?

藤原)はい、美味しいです。

黒木)どの辺りで獲れるのですか?

藤原)東京湾や相模湾、駿河湾でも獲れます。いままでは捨てられていたものです。持って帰って食べてみたら、美味しかった。

黒木)いままではそうやって捨てられていたのに、誰かが「食べてみたらいいのでは」となったのですか?

藤原)どうなのでしょうね。

黒木)なぜ捨てていたのですか?

藤原)見た目だけで、みんながねずみ男だと言って。でも素晴らしい味です。

黒木)トウジンは、いつ獲れるのですか?

藤原)真夏を除いて大体獲れます。

黒木)覚えていないといけないですね。スーパーなどでも売っているものですか?

藤原)小田原や、沼津だと売っています。長崎県でも普通に売っています。

黒木)トウジンという魚ですね。それからいままでで利用されなかった魚で、美味しいというものは?

藤原)実を言うと、東京湾などで問題になっているギマというものがいまして。名前を言っても少し難しいのですが。

黒木)ギマ。

藤原)銀色の馬と書いてギマと言うのですが、これが困りもので。本当に銀色の馬のような格好をしています。

黒木)銀の馬のような?

藤原)そうなのです。とげとげで困ったものだと思っていたのですが、食べたらすごく美味しい。

黒木)いつくらいから食べるようになったのですか?

藤原)まだ食べていない地域が多くあります。

黒木)捨ててしまうところも多いということですか?

藤原)かなりあると思います。

黒木)本当は美味しい、ギマ。

藤原)そうです。ただ、鋭いとげがあって危険です。

黒木)うろこにですか?

藤原)グッととげがありまして、それにぐさっと刺されてしまう。漁師さんはギマが大嫌いです。

黒木)網などを傷つけてしまいますよね。

藤原)網は絡まってしまいますが、食べたら美味しいです。

黒木)食べたら美味しい。銀の馬のような容姿をしていて、とげがある。とげがあるから美味しいのでしょうかね。

藤原)あと、ヌメヌメなのですよ。

黒木)うろこの部分がですか?

藤原)ヌメヌメしたものをたくさん出してしまう。それも嫌われる原因です。ですが食べたらびっくりします。

黒木)何で食べるのがおすすめですか?

藤原)セビチェですね。

黒木)セビチェ。

藤原)チリなどで、ライムと塩でマリネにして食すという食べ方があります。あとはハワイのポケ。いま日本では新種ラッシュで、いままで獲れなかった魚がどんどん獲れています。温暖化で台湾辺りから上がって来るのです。

黒木)上がって来て、日本では獲れなかった魚が増えたということですか?

藤原)増えたのですね。

藤原昌高(ふじわら・まさたか)/ Web図鑑「市場魚貝類図鑑」運営

■1956年、徳島県生まれ。
■子供のころから川の生き物に親しみ、水産生物のことを調べ始める。
■その後、人間と関わりのある食品(生物)を30年以上にわたって調査。
■ぼうずコンニャク株式会社を設立し、Webで「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」を運営するほか、水産に関わる本を多数執筆。著書に『からだにおいしい魚の便利帳』など。
■元島根県水産アドバイザー、水産庁の外部専門家。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

下のバナーをクリックすると、番組をradikoからお聴きいただけます。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送「ねずみ男」に似ているというだけで捨てられていた深海魚「トウジン」の美味しさ

Share Tweet LINE コメント

page
top