grape [グレイプ]

ナイツ土屋考案の『消しゴムサッカー大会』に、塙も「悔しいけど面白い」

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

お笑いコンビ・ナイツの土屋伸之が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「清水ミチコとナイツのラジオビバリー昼ズ」の中で、ニッポン放送のイマジンスタジオで行われた『消しゴムサッカー大会』について語った。

ニッポン放送の「ラジオビバリー昼ズ」と、TBSラジオの「ナイツのちゃきちゃき大放送」の連携企画として開催された『第1回 消しゴムサッカー つちやのぶゆき杯2019』。

「消しゴムサッカー」とは、キャラクターの消しゴムをボールペンではじき、サイコロをボールに見立ててサッカーをするというもので、土屋が小学生の頃から30年間やっていた自身考案の一人遊びだ。また、土屋本人が“つちやのぶゆき”名義でYouTube動画を公開しており、芸人仲間にも愛好家が増えている。

当日は、多数の応募者の中から、「リスナー対抗戦」と称して両番組から8組ずつが参戦。ゲストには、「ラジオビバリー昼ズ」のパーソナリティを務める高田文夫、春風亭昇太のほか、中川家、サンドウィッチマンなどといった多くの芸人も応援に駆けつけ、イベントは大盛況で幕を閉じた。

塙:(会場名に冠した名曲『イマジン』を歌う)ジョン・レノンが泣いてるわ。こんなことの為に作ったんじゃないって

土屋:なんてこと言うんですか

イベントに参戦した塙も当初はよく分からなかったそうだが、「1時間くらい経つとルールも分かってきて、悔しいですけどちょっと面白いんですよね」、「ここ1ヶ月くらいシミュレーションしたんだろうなってくらい、運営のミスが無かったですね」と、満足した様子を見せた。

しかし、そんな塙にも気になることがあったそうで、「スタッフが審判してたんですけど、お揃いのTシャツじゃなくて普通の服を着てるから、誰が審判で誰がリスナーか分かんないんですよ」と吐露。さらには、「土屋君しかルール知らないんで、審判ちょっと恥ずかしそうなんです」と明かした。

土屋:俺だけ絶叫してたよ

塙:ゴールキック!! とか言って

清水:行かなくてよかった!

土屋:そんなこと言わないでくださいよ

しかし、「50席の客席も埋まって、みんな盛り上がってましたね」と、土屋が語る通り、塙も夢中になるイベントだったようだ。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00
(8月15日放送より)

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送ナイツ土屋考案の『消しゴムサッカー大会』に、塙も「悔しいけど面白い」

Share Tweet LINE コメント

page
top