grape [グレイプ]

西武秩父駅「わらじかつ弁当」(970円)~西武秩父線・開通50周年!

By - ニッポン放送  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『1日1駅弁』 駅弁食べ歩き15年の放送作家・望月崇史が駅弁屋さんのウラ側、レストラン列車、スイーツ列車情報をご紹介します。

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

西武001系電車・特急ラビュー「ちちぶ」、西武秩父線・芦ヶ久保~横瀬間

東京・池袋からの直通列車も多く走る西武秩父線。
昭和44(1969)年の開通から、きょう10月14日で「50周年」の節目を迎えました。
特急「ちちぶ」号には、今年(2019年)3月、新型の西武001系電車「ラビュー」がデビュー。
秩父の自然がいっぱい広がる大きな窓に、黄色いシートが並んだ快適な車内。
普段は通勤・通学利用の皆さんからも、大きな注目を集めているようです。

西武10000系電車・特急レッドアロー「ちちぶ」、西武秩父線・横瀬~芦ヶ久保間

秩父への観光ルートを切り拓いた列車といえば、何といっても特急レッドアロー。
池袋、所沢、入間市、飯能、横瀬の順に停車、西武秩父までは最速78分で結んでいます。
平成7(1995)年に登場した西武10000系電車の1編成は、平成23(2011)年から、秩父線開業時に登場した西武5000系電車のカラーリングを復刻した「レッドアロー・クラシック」となっていて、往年の雰囲気をいまに伝えています。

わらじかつ弁当

秩父のご当地名物と言えば、小鹿野(おがの)発祥とされる「わらじかつ」。
帰りの特急列車に買って乗り込むなら、西武秩父駅の「わらじかつ弁当」(970円)です。
平成29(2017)年のオープン以来、大人気の「西武秩父駅前温泉 祭の湯」内にある「秩父わらじかつ亭」で製造・販売されており、店舗脇の自動券売機でチケットを購入します。
およそ10分で作りたてが登場、空いている時間なら作り置きをお願いすることもできます。
(注)週末・連休などの混雑時は、作り置きをお受けできないそうですので、ご注意下さい。

わらじかつ弁当

【おしながき】
・白飯
・わらじかつ
・こんにゃく煮
・しゃくし菜
・紅しょうが

わらじかつ弁当

「わらじかつ弁当」は、前身の「西武秩父仲見世通り」時代から作られている伝統の味。
掛け紙を外して、ふたを開ければ、ホカホカの白いご飯の上に、揚げたての香ばしい「わらじかつ」が2枚載り、甘辛に煮つけられたこんにゃくと、伝統的な漬物・しゃくし菜も入って、秩父エリアのご当地感たっぷりな弁当です。
秩父エリアを1日歩いて、ひとっ風呂浴びた後、心地よく列車のお供になってくれそうです。

西武4000系電車・各駅停車、西武秩父線・芦ヶ久保~横瀬間

コスモスの花咲く谷間を、橋梁で貫いて行くのは、白いボディにライオンズカラーをまとった飯能~西武秩父間の各駅停車を中心に活躍する西武4000系電車です。
50年前の開業時は、武甲山の石灰石輸送も大きな役割だった西武秩父線。
いまでは観光と同時に、秩父地方の生活路線としての役割も担います。
50周年のいま、思い思いの列車で、埼玉・秩父へのんびりと出かけてみませんか?

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送ニュース しゃベル

「気になるしゃべりを掘りおこす」をコンセプトに、インターネットを通じてニッポン放送の番組と連動した記事を配信するサービスです。日々の放送から選りすぐりの内容を再編集した記事のほか、イベントのレポート記事など放送とは異なるオリジナルコンテンツも配信します。

出典
ニッポン放送西武秩父駅「わらじかつ弁当」(970円)~西武秩父線・開通50周年!

Share Tweet LINE コメント

page
top